CAPA’S EYE―ロバート・キャパの眼が見た世界とニッポン

制作 : CAPA編集部 
  • 学習研究社
3.62
  • (1)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054024199

作品紹介・あらすじ

ロバート・キャパに戦争カメラマンというレッテルを貼る人がいる。確かに代表作の中に戦場を捉えたものは多い。それは、彼の生きた時代が戦争の時代だったからに過ぎない。ただこれだけは言えるだろう。キャパは「時代の目撃者」だった。20年間のカメラマンとしてのキャパの眼は、世界を捉えていた。没後50年のメモリアルに、彼の作品と、その人生を追ってみる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人物の足跡を豊富な写真と年表で追う。参考文献一覧もキャパとその時代を理解するのに有用。カメラ毎日昭和29年7月号の伊奈信男、木村伊兵衛、三木淳、安保久武との座談会収録。

  • 2013年10月5日

    装幀・デザイン/リトル・エレファント

  • 瞬時の出来事や表情を、切り取り残せる、
    そして伝えられるモノを大切にしたい。

  • 巻末の木村伊兵衛らとの対談だけでも読む価値ある。

  • 740.253-キヤ 300122447

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする