犬はどこから…そしてここへ

著者 :
  • 学研プラス
4.06
  • (6)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054029491

作品紹介・あらすじ

犬はオオカミの子孫ではない。ムツゴロウさんのしつけ理論。犬に埋もれて生きたムツゴロウさんがその起源を考え、共に生きる道を探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 犬を飼っている人や犬をこれから飼おうとしている人が読むのにピッタリな本ではないか。

    もしかして・・・・・犬の先祖はオオカミではなく、キツネなのか・・・な?

    神様がくれた人と一番仲良くなれる動物は犬、なぜって大昔そうしようねって約束したから。



    とにかく良本!

  • ペット

  • あきる野に東京ムツゴロウ動物王国があったころ行われたティーチインのテープ起こしなんだろうと思いますが、ゴーストライターに知識がなくて人名や用語に間違いが多々あり、そこが残念なので★一つ減らします。
    なにそれ気になるってワード検索しても出てこないだろうと思います。


    内容は彼のトークの興味深さをほぼそのまま著していて、犬の起源の考察が面白いです。

  • むつごろうさんの体験からの本。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

畑正憲(はた・まさのり)1935年福岡県生まれ。作家。動物研究家。

「2015年 『戦後70年 わたしの戦争体験』 で使われていた紹介文から引用しています。」

畑正憲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×