母親というものは (葉祥明シリーズ)

著者 :
  • 学習研究社
4.06
  • (4)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054030305

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 母親への感謝
    そして嫁(我は娘たちの母親)への感謝

    詩で表現されて、短い文章にグッとくる一冊

  • 葉祥明美術館で出逢った詩。

    母の気持ち。
    母になってみないとわからなかったことが沢山あります。
    その気持ちをすべて言葉にしてくれた本。

    この詩は映画「東京タワー」のワンシーンにも出てくるそうです。

    葉祥明美術館の20年を振り返っての講演で
    葉祥明さんに朗読していただきました。

    葉祥明さんの本は多くを語らなくても
    シンプルなコトバとシンプルな絵から
    あふれる想いが伝わってきます。

    サインをしていただき記念の一冊となりました♪

  • 【夢ゼミ'11年2月おススメ本】中学生だったか、高校生だったか、今では忘れてしまいましたが、葉祥明さんの本を集めていた時がありました。そして、今回本屋さんで、そのタイトルに惹かれて、久しぶりに葉祥明さんの本を手に取りました。
    淡い鮮やかな色のやさしい絵。きれいだなぁと、読み進んでいくうちに、私の目は、みるみる涙でふくれあがっていきました。あまりにも、「母親」というものを言い表しているから。

  • H20年6月 6-3

  • 再読
    2009-12-167

  • 思わず涙があふれそうになりました。

  • 母親と言うものを改めて考えるきっかけになった本。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

詩人・画家・絵本作家。
1946 年熊本生まれ。
「生命」「平和」など,人間の心を含めた地球上のさまざまな問題をテーマに創作活動を続けている。
1990年『風とひょう』で,ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞。
2022年画業50年目、2023年には画業50周年を迎える。

主な作品に,
『地雷ではなく花をください』シリーズ(自由国民社),
『おなかの赤ちゃんとお話ししようよ』(サンマーク出版),
『17歳に贈る人生の哲学』(PHP研究所),
『ことばの花束』シリーズ,
『無理しない』『気にしない』『急がない』『比べない』『いのちあきらめない』,
『しあわせの法則』
『幸せに生きる100の智恵』
『怒らない』
『こだわらない』
『幸せは日々の中に』
『許そう。』
『しあわせの小径』(日本標準)ほか多数。

「2022年 『DARK BLUE(ダーク・ブルー) そして、光へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

葉祥明の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×