バレエの歴史―フランス・バレエ史-宮廷バレエから20世紀まで

  • 25人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 佐々木涼子
  • 学習研究社 (2008年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054033177

バレエの歴史―フランス・バレエ史-宮廷バレエから20世紀までの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バレエの起源から近代パリ・オペラ座の変遷史まで詳しく書かれた一冊。
    個人的に起源の話が興味深かった。

  • バレエに少し興味を持ったので歴史を知りたいと思い
    図書館にネット予約を入れて引き取りに行ったら…
    とても分厚い本で「あ、しまった。。」と思ったものの
    引き取りと同時に返却は顰蹙だなぁと考えて持ち帰りました。

    1~4章で構成されていて一番興味深かったのは1章。
    王様がバレエをたしなんでいたとは知りませんでした。
    バレエを利用して民衆の心を掴んでいたんですね。
    パリオペラ座ができてからはオペラ座の歴史について
    語られています。女性ダンサーの衣装が段々短く
    なっていくのはちょっと笑ってしまいました。

    面白いのは昔も今も変わらず、興行主がライバルで煽っているところでしょうか。
    女性ダンサーはライバル煽りが多かったよう。ガラスの仮面のようです。
    最近の例なら浅田真央VSキムヨナといったところでしょうか。

    激動の歴史と共にあるオペラ座の歴史はとても面白かった。
    芸術は歴史と共にあり、といったところでしょうか。

  • フランス・バレエ史についての膨大な情報がまとめられている。世界史の話や現代のバレエとの繋がりなど、読み物としても楽しい本。サン・レオンとリファールの話が特に面白かった。

全5件中 1 - 5件を表示

佐々木涼子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

バレエの歴史―フランス・バレエ史-宮廷バレエから20世紀まではこんな本です

ツイートする