育てにくい子に悩む保護者サポートブック―保育者にできること (ラポムブックス)

制作 : 高山 恵子 
  • 学習研究社
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054033801

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 保護者のサポートを行うときの、着眼点や伝え方の工夫がたくさん紹介されています。

    親子関係のサポートと、保護者自身のサポートのみならず、
    子どもさんへのリスクを見る視点も、保育者を守るための視点も示されていて、
    まさに「使える」一冊です。

  • 高山恵子さん監修

    セルフエスティーム
    外見、性格、長所短所、障害、特技など自分の全ての要素を
    元に作られる自己イメージを客観的に見て、自信を持ち
    自分を大切にしようと思う気持ち
    (この自己を客観的に見るというのが、とても大事。それがまた難しいらしい)
    (ここら辺からエリザベス・キュ-ブラ・ロス女史や自己啓発系本にもハマる)

    言い換えると『自尊心』 『自尊感情』 『自己評価』と
    訳される。

    自分が好き、自己肯定感が安心感に変わる。
    こーいう事が大切なんだと分かった。

    それと『メタ認知』も大事だということが分かった。でも『メタ認知』って読んでも難しくて、理解できない。ちょっと勉強せねばと思った。

全3件中 1 - 3件を表示

育てにくい子に悩む保護者サポートブック―保育者にできること (ラポムブックス)はこんな本です

ツイートする