香水の教科書〈2〉スタイリッシュに楽しむ応用編

著者 : 榎本雄作
  • 学習研究社 (2008年2月発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054036147

香水の教科書〈2〉スタイリッシュに楽しむ応用編の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前著書の基本をふまえた上での、“楽しい脱線”とでもいうか。読み物としては、こっちのほうが面白かった。香りのもつイメージカラーというのも新しい発想だったし、メンズフレグランスの記述もとても興味深く読んだ。気に入ったメンズは、これ。
    ・フゼア系(4大家系その2)
    爽快で、ダイナミック、男性的な香り。
    クリアなラベンダー、樫の木に生える苔の香料で土のにおいのするオークモス、桜餅の桜の葉のにおいに似た合成香料クマリンを基調にした香りで、さわやかな香りから次第にセクシーさを加えて行く変化。爽快感とぬくもりをあわせ持つ。

  • シリーズ2冊目
    今回は、男性香水にもふれています

    ユニセックスのCK1とかが
    人気があるようですが、
    男性用の香水もいろいろあるようです

    ボトルのデザイン紹介もあり、
    入門用としてわかりやくす
    いいとおもいます

  • </span>&rdquo;</div><div class="quantityDisplay black textSquash" style="display:none;padding-bottom:3px;"><nobr><span class="strong black">欲しい数量&nbsp;

  • 1も読んだんですがこっちの方がネタというか資料としては使えそう。個人的にボトル史の話が面白かったです。

全4件中 1 - 4件を表示

榎本雄作の作品

香水の教科書〈2〉スタイリッシュに楽しむ応用編はこんな本です

ツイートする