裁判員のためのかみくだき刑法 (学研新書)

著者 :
  • 学習研究社
2.86
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054040243

作品紹介・あらすじ

ほぼすべての国民が裁判員となって人を裁く可能性をもつ裁判員制度。この制度の下、市民裁判員は、「強盗殺人」「放火殺人」「誘拐」など、極刑も想定される罪を裁くことになる。「市民感覚」「白紙状態」…そんな姿勢で臨んだ法廷で、彼らを待っているのは、「人を裁けるのか」という大きな苦悩だろう。いかに人を裁くべきか?その指針、そして大原則となるのが「刑法」である。実例を豊富にまじえた、あまりにもわかりやすい、裁判員制度時代の刑法入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 裁判員にとって必要な刑法の条文が用意されている。
    保護責任者遺棄致死や、危険運転致死傷罪も含まれているということは、刑罰が重めにシフトしそうなものも対象だということ。

  • 平易な記述。わかりやすい。

  • [ 内容 ]
    ほぼすべての国民が裁判員となって人を裁く可能性をもつ裁判員制度。
    この制度の下、市民裁判員は、「強盗殺人」「放火殺人」「誘拐」など、極刑も想定される罪を裁くことになる。
    「市民感覚」「白紙状態」…そんな姿勢で臨んだ法廷で、彼らを待っているのは、「人を裁けるのか」という大きな苦悩だろう。
    いかに人を裁くべきか?
    その指針、そして大原則となるのが「刑法」である。
    実例を豊富にまじえた、あまりにもわかりやすい、裁判員制度時代の刑法入門書。

    [ 目次 ]
    序章 裁判員にとって必要な条文はこれだけ
    第1章 「罪と罰」―「罪」の世界
    第2章 正当防衛と緊急避難―許された殺人、許された傷害
    第3章 犯罪の故意―微妙な内面の世界
    第4章 責任能力―犯罪を犯していても無罪になる世界
    第5章 未遂犯と中止犯―犯罪が中途半端に終わった場合
    第6章 共犯―知られざる「共謀共同正犯」の世界
    第7章 「罪と罰」―「罰」の世界

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1959年東京都生まれ。東京大学法学部卒。東京地裁、大阪地裁などの裁判官を務め、現在は弁護士として活動。裁判官時代には、官民交流で、最高裁から民間企業に派遣され、1年間、三井住友海上火災保険に出向勤務した。著書に『司法殺人』(講談社)、『死刑と正義』(講談社現代新書)、『司法権力の内幕』(ちくま新書)、『教養としての冤罪論』(岩波書店)ほかがある。

「2015年 『虚構の法治国家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

裁判員のためのかみくだき刑法 (学研新書)のその他の作品

森炎の作品

ツイートする