ポジティブ思考なんて捨ててしまいなさい! (「ドリームスキル・クラブ」シリーズ)

著者 : 臼井由妃
  • 学習研究社 (2009年8月5日発売)
3.55
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054042131

ポジティブ思考なんて捨ててしまいなさい! (「ドリームスキル・クラブ」シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自己啓発難民について知りたくて読書。

    自己啓発難民という言葉を初めて見た。

    自然体で生きること。
    自己啓発難民は、快活で向上心が高い。反面、自分が自分と利己的に走る人が多い。

    他人の気持ちを理解し、相手の立場で考えることができる人が大切と読み取る。著者はこの点が自己啓発難民には足りないと述べる。

    健全なセルフイメージは大切だけど、極端に高いとか、自己愛に偏っている人は、不幸な人を見て自分の幸せを感じ、見下す。口では優しいことを口にするが本心では他人には無関心なんて人は確かに多い。

    さて、自分は自己啓発難民なんだろうか。

    読書時間:約45分

  • 成功法則って結構無理、無茶を言うんです
    ってのが目に入って読んでみました。

    特に、落ち込むことが良くないみたいに書いてる本もあるので、
    読んでると、そんな無茶苦茶なって思うことが多々ありますよね。

    この本では、成功法則ではなく、
    自分の成長法則に視点を合わせて
    考えていこうってコンセプトを打ち出してます。

    すごい印象に残った言葉はコレ:
    感情が高まって、我慢しきれなくなったときに
    泣ける人ってかっこいい。

    俺もよく泣いてました。
    でも、かっこいいなんて思ったこと無かった。
    むしろ、恥ずかしいことだと思ってました。

    泣くって、なんか悪いモノを洗い流してくれる感じもするし、
    泣いたあと、ふっきれたりもするから、
    我慢するよりも、ずっとずっと良いことなんですよねえ。

    あと、他の本の引用でなるほどって思ったのがあったので、
    追加で記載しておきます。

    松下幸之助曰く、「体が弱いから、人に任せる」

    自分でできなくたっていいんだ。
    誰かにやってもらえるようになれば。
    そのためにも人間的魅力をアップさせようと
    この本を読んで、改めて思いました。

  • 成長とは自分との戦い。
    どんな状況に陥ってもそれを現実としてすんなりと受け止める。
    生きてるだけでラッキー、生まれてきただけでラッキー
    人と比べないで、自分と比べる。
    悩むことは悪くない。
    楽しく頑張りましょう!
    ピンチはチャンスの顔をしてやってきます。
    成功している人ほどたっくさんのハンデを持っている。
    1回くらいとことん地獄を見るまでやらないと、人間ってわからない。
    不平、不満、泣き言、悪口、文句、嫌味、愚痴 だけは絶対に言わない。

  • 自己啓発しているのに、何がやりたいかがわからないという方。
    必読です!

全5件中 1 - 5件を表示

ポジティブ思考なんて捨ててしまいなさい! (「ドリームスキル・クラブ」シリーズ)のその他の作品

臼井由妃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
スペンサー ジョ...
大前 研一
ジェームズ アレ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ポジティブ思考なんて捨ててしまいなさい! (「ドリームスキル・クラブ」シリーズ)はこんな本です

ツイートする