ボクらの蹴活―夢をかなえた19人の少年時代 (GAKKEN SPORTS BOOKS)

制作 : ストライカー編集部 
  • 学習研究社
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054042254

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 総じて言えることは、小さい頃から、本当にサッカーが好きで好きでたまらなくて、ずっとサッカーばかりしていた結果、プロになっている。

    もちろん、同じようにサッカーばかりしていてもプロになれない人もいるのだとは思うが、この本に紹介されている選手は、好きであることを諦める方の人間が多いであろう状況でも、サッカーばかりやっている。

    信じるものは救われるということが、やはりあるんだなあと思うことで、少し幸せになれる。

  • 【No.50】「選手の評価として、過去の自分の方がデカい状況は嫌だった。だから大学では、みんなのその記憶を覆せるような選手になりたいと思っていた」「何でもすぐにはできないし、ホント不器用。だから努力する」「俺からサッカーをとったら何も残らない。やめたときの自分を想像できなかった。もしもサッカーを辞めたら、どんな高校生活になるのか分からなかった」

  • サッカー選手それぞれに色んなストーリーがあったけど
    みんなサッカーが好きでサッカーを楽しんでるんだな。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ボクらの蹴活―夢をかなえた19人の少年時代 (GAKKEN SPORTS BOOKS)はこんな本です

ツイートする