痩筋力―確実にやせる筋トレ術 (学研新書)

著者 : 石井直方
  • 学研パブリッシング (2010年1月1日発売)
3.48
  • (4)
  • (10)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :74
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054042971

作品紹介

"痩筋力"とは何か。「痩せるために必要な筋肉の力」のこと。人間が本来持っているこの力が衰えたために、現代人は年齢とともに太るよう運命づけられている。だから、痩せたいなら、カロリー制限より、ジョギングより、まず"痩筋力"を取り戻すことが先決なのだ!常に科学的根拠のあるダイエット・トレーニング法を提唱しつづけている"筋肉博士"石井直方が、確実に、そして元気に痩せるための王道を、理論・実践の両面から明らかにする。

痩筋力―確実にやせる筋トレ術 (学研新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 簡単な運動種目で効果的な結果。まさに、結果にコミットの書籍版。痩せたい人は是非。

  • スポーツでのカロリー消費よりも日常生活での基礎代謝量をあげる、内臓がつまっている体幹より足を鍛えたほうが筋肉量が増えるなど納得できる話だ。紹介されているスロートレーニングはこんなので…と思うぐらい簡単で馬鹿にしていたが、実際にやってみると息があがって、思う以上に筋肉に負荷をかけることができる。すぐには効果がでないようだが、有酸素運動はやると効果がでるが止めるとまた太るというのも納得で心あたりがある話なので、地道に続けて筋肉を維持UPし基礎代謝をあげることが大切なんだと思った。

  • [ 内容 ]
    “痩筋力”とは何か。
    「痩せるために必要な筋肉の力」のこと。
    人間が本来持っているこの力が衰えたために、現代人は年齢とともに太るよう運命づけられている。
    だから、痩せたいなら、カロリー制限より、ジョギングより、まず“痩筋力”を取り戻すことが先決なのだ!常に科学的根拠のあるダイエット・トレーニング法を提唱しつづけている“筋肉博士”石井直方が、確実に、そして元気に痩せるための王道を、理論・実践の両面から明らかにする。

    [ 目次 ]
    第1章 痩せるために絶対必要な筋肉の力=痩筋力(痩筋力とは何か;筋肉の衰えが痩筋力の低下を招く ほか)
    第2章 科学的トレーニングで効率よく筋肉をつける(痩筋力で大事なのは筋肉量;筋肉を増やすには運動の強度が大事 ほか)
    第3章 週2回、1日15分で痩筋力をみるみるアップ(原点は大腰筋トレーニング;スロトレは進化している! ほか)
    第4章 日常生活で痩筋力をアップさせる(痩筋力には生活リズムが重要;朝30分のダラダラした時間もときには大事 ほか)
    第5章 リスクに備え、生きる力をつける痩筋力(痩筋力をつければ痩せる以外にもメリットがある;毎日を活動的に過ごせてよい循環が生まれる ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 筋トレ→有酸素運動の順番が大事
    筋トレはセットで行う
    負荷を上げるときは息を吐き負荷を下げるときは息を吸う

  • 「痩せるために必要な筋肉の力」をつける方法。
    そういえば今年の目標はダイエットだ・・・というかた必見。

全6件中 1 - 6件を表示

痩筋力―確実にやせる筋トレ術 (学研新書)のその他の作品

石井直方の作品

痩筋力―確実にやせる筋トレ術 (学研新書)はこんな本です

痩筋力―確実にやせる筋トレ術 (学研新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする