(i)-アイ-

  • 18人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (3)
  • 5レビュー
著者 : 飯田譲治
  • 学習研究社 (2009年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054043350

(i)-アイ-の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本(作者?)の最大の魅力であるだろう人類創造の仮説であったりだとかカルマであったりだとかがやはりあまり好きになれないためこの評価。
    最後の真実のくだりは読み飛ばしてしまった

  • 飯田譲治の世界観を“聞く”本。小説…なんだろうなあ?その多くが対話形式で進んでいく。その対話がまあ、そのテのことを理解しない世間と、飯田譲治の対話ってことになるのか。私は飯田譲治作品、『ナイトヘッド』『ギフト』『アナン』『アナザヘブン』の世界観が好きなので、まあこの本も悪くはないけど、、、数日経ち・・・ニューエイジ、石、アトランティス大陸、(われわれ)黄人・・・なんだかかなり影響されている…私^_^;

  • 「神は判断しない、ただすべてを見ているんだ。」
    とセロアが神について話していたという部分が好き♪
    なんか価値観に共感を感じる。

  • この人の言う事なら、きっと私はたいていのコト、受け容れる。
    頭ではなく、もっと深いところで。

    単純に言えば、ファン。
    この人の語り口と人となりが大好きなのだ。

    最初に会った・・・10数年前から!

    これは・・・小説、と呼んでいいのかな。
    体裁としては小説だけど、私にはそこらへんのスピリチュアル本より
    もっとずっとするりと呑み込めた。

    たくさんたくさん語ってください!

  • この進め方は好きじゃない。
    最近飯田さん自身が良く登場するなと思った。
    でも私は引き寄せの力やこういった世界はわりと信じている。

全5件中 1 - 5件を表示

飯田譲治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

(i)-アイ-はこんな本です

ツイートする