一度は拝したい京都の仏像 (学研新書)

  • 学研パブリッシング
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054045903

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一度は、が多すぎて全部は無理だが
    仏像の作りにまで踏み込んでいて興味深い

  • [ 内容 ]
    古都を訪ねる旅で、心洗われる仏たちに出会う―。
    平等院・阿弥陀如来像、広隆寺・弥勒菩薩半跏像、蓮華王院・千体千手観音像など、雅びな仏たちはいかにして造られ、仏師たちはどのような思いを込めたのか。
    長年仏像の修復と研究に携わる著者が、独自の視点で解説し、京都の仏たちの美と信仰の秘密に迫る。

    [ 目次 ]
    天空から注がれる慈悲のまなざし―、広隆寺弥勒菩薩半跏像
    古代の光を放つ堂々たる金銅仏―蟹満寺釈迦如来坐像
    艶やかな古代の乾漆像―観音寺十一面観音立像
    渦まく呪力と、ほとばしる霊気―神護寺薬師如来立像
    空海がもたらした忿怒の群像―東寺五大明王像
    翻転する華麗な衣文―宝菩提院菩薩半跏像
    五臓を具えた神秘の霊像―清涼寺釈迦如来立像
    貴族好みの優美な忿怒像―同聚院不動明王坐像
    姿を見せた来世の仏―平等院阿弥陀如来坐像
    浄土に誘う天空の菩薩たち―平等院雲中供養菩薩像〔ほか〕

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

山崎 隆之(やまさき・たかゆき) 1981年2月14日生まれ 広島県広島市出身 1992年6級で森信雄七段門 1994年 初段 1998年4月1日 四段 2013年7月27日 八段 定跡や形にとらわれない自由な発想が魅力の関西の人気棋士。 棋戦優勝は新人王戦(2回)、NHK杯戦など5回。タイトル戦挑戦1回(第57期王座戦-2009年度)。将棋大賞は第28回(2000年度)新人賞、第30回(2002年度)勝率第一位、連勝賞、第31回(2003年度)連勝賞、第32回(2004年度)敢闘賞、第39回(2011年度)升田幸三賞特別賞を受賞。 著書に「逆転のメカニズム」(マイナビ)、共著に「相掛かり無敵定跡研究」(マイナビ)がある。

「2015年 『山崎隆之の一手損角換わり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山崎隆之の作品

一度は拝したい京都の仏像 (学研新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする