陸軍中野学校極秘計画―新資料・新証言で明かされた真実 (学研新書)

著者 :
  • 学研プラス
3.38
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054047396

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 贋札工作、皇統維持工作については、既知を超えるところは無かった。

     GHQ浸透工作、マッカーサー暗殺計画(存在は保阪正康の著書で知っていたが、中野学校が関わっていたという点)は初聞にして驚いた。

     戦後、大本営参謀が、対ソ連情報の提供と引き換えに戦犯容疑を免れ、GHQの戦史研究部?に引張られていた事実は知っていたが、著者は、実はそこには、田中隆吉が東京裁判で連合国軍側の証人となったような策略(佐藤優 談)、何らかの組織的活動があり、その究極がM暗殺ではなかったかというIFを追っているのは興味深かった。

     関係者の証言から、M暗殺計画は、著者得意の想像力(妄想?)ではなく、事実のようである。→本作では著者の想像力が空回りせず、うまく機能したように思う。

     M暗殺計画がGHQのリーク記事によって中止になったという点は、著者同様、納得が行かない。

     GHQ側も旧日本軍の内部浸透を承知して、利用していたという事だろうか。
     →この予想は当たっていた。「大本営参謀は戦後何と戦ったか」参照。

     

  • 終戦への秘密工作がメイン

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1941年東京市生まれ。ノンフィクション作家。東北大学工学部中退。陸軍中野学校に関連する著者が8冊。共著を含めて50冊のノンフィクションを刊行。近著に『ルポ老人受刑者』(中央公論新社)。現在も現役で取材現場を飛び回っている。

「2021年 『陸軍中野学校全史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斎藤充功の作品

ツイートする
×