やさしくわかる数学のはなし77 (学研雑学百科)

制作 : 岡部恒治 
  • 学習研究社
4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054047662

作品紹介・あらすじ

数の発展から、ゲーム理論などの新しい数学まで網羅。図解で、数学をざっくり、理解することができる。数学と日常生活の関わりを多数紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 素数は暗号化に役立っている
    1を素数としないのは、素因数分解が無限にできてしまうから。

    比では表せない無理数
    複素数はITで利用されている。虚数によって因数分解されない素数ができるようになった

    無限級数
    1+2+4+8+16+・・・=-1

    テイラー展開=xのn乗式で表せる=小さい数字は無視して近似値を得られる。

    バーゼル問題、ゼータ関数はΠにつながる数列
    リーマン予想
    物質の元である原子と素数が結びついた

    ピタゴラス教団=秘密結社を作った

    黄金比=1:(1+√5)/2=1:1.618・・・
    名刺、カード、IPODなど

    円の面積=小さな扇型に分ける、トイレットペーパーの中心まで切る、ことで求められる。

    円と同じ面積の正方形はできない。
    半径1の円の面積はπ、正方形の辺をxとすると、
    xの二乗=π。これはパイが超越数であるので不可能。

    円柱の体積は円錐の体積と半球の体積。

    トポロジー=図形を変形する。コーヒーカップとドーナッツは同じ。路線図の考え方。

    対数グラフ=急激に増えるものでもグラフに書ける。

    ネイピア=e。究極の定数。
    超越数=方程式の解にならない。

    多次元方程式は行列式で逆行列をかければ解ける。

    三角関数はピタゴラスの定理と加法定理で導ける。

    三段論法、対偶、背理法、帰納法
    数学的には帰納法はn=1のとき、とnが成り立つときn+1が成り立つ、という形で使う。
    対偶を証明すれば元を証明したことになる

    鳩の巣原理=n個のものをm個の箱に入れるとき、nのほうが多ければ箱には2つ以上のものが入る。=学年に同じ生年月日、同じ血液型の人がいつ可能性=365×4以上の人数がいれば成り立つ。

    ベイズの定理=事前確率から事後確率を求める

    稀に起こることはポアソン分布で近似できる。

    モンティーホール問題=ベイズの事後確率の例題。

  • 20141129途中返却

  • 全てのトピックが1ページにまとめられていて、非常に読みやすいです。
    今まで習った複素数や対数の誕生秘話や、素数と原子のつながり、待ち行列の具体例など興味深い話題がたくさん書かれています。

  • 夫君曰く「良い本だ。この手の本にありがちな冗漫さが無い」とのこと。
    小学生の子供の食い付きも良い。
    この本を読んだ後「オイラーの等式」について調べていた。ふふ。

    自分でも読んでみた。
    岡部恒治氏の著書を何冊か読んだが、この人の解説する数学は本当に分かり易い。
    例や文章が過不足なくまとめられてて上手いということもあると思うが、何よりも岡部氏の数学への愛があるからだと思う。
    算数・数学が大の苦手の私でも、この本なら読める。

  • 数学のあらゆる話題をまとめあげたという点で、とてもよい本だと思う。これを読んで、少しでも数学に関心を持って欲しいという著者の意気込みが感じられる。高校生くらいが読むといいかもな。

  • 登録日:1/19

全6件中 1 - 6件を表示

やさしくわかる数学のはなし77 (学研雑学百科)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
東野 圭吾
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

やさしくわかる数学のはなし77 (学研雑学百科)はこんな本です

ツイートする