武道から武術へ―失われた「術」を求めて

著者 :
  • 学研パブリッシング
3.72
  • (3)
  • (8)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054048867

作品紹介・あらすじ

人間の身体の計り知れない可能性。昔の伝説的達人たちのエピソードに見られるその超人的能力は、本当だったのか?その真偽を自らの身体で体現すべく、術理の探求を続けてきた著者が、そこに見出したもの。それは、まさに常識を打ち破るものだった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 老いてなお学び、それだけではなく成長する。
    学問の世界ではままあることだが、武の世界でこれが出来るとは大したものである。
    単純なパワーでは勝てない日本人が勝つための道。大乗である「道」はそれで残しておき、求めるものには上座部である「術」を授けられるよう願う。

  • 甲野さん自身の書き下ろしです。なぜ古武術の研究へ至ったか等、昔の話があって良かったです。

  • 最近、居合を習い始めたこともあり、手に取ってみた。
    昔日の達人と伝えられる武道家たちの伝説が、決して誇張や作り話ではないと信じ、武道的な身体の研究を続ける著者の近年の研究成果や雑感を記した書。
    読みながら、人間の身体が持つ底の見えない可能性に思いを馳せて、なんだかワクワクしてしまう。
    こんな達人たちの境地に自分が到達するなんて、一生かかっても無理なんだろうなと思いつつも、自分なりに武道に取り組む上での励みになった。

  • 言わずもがなの、師、甲野善紀先生の著書。

    当時の最新の知見が書かれているが、すでにもう過去のものになっている部分も(笑)。

    まだ一年経ってないのに・・・。

  • 「人間の運命は決まっているのか? いないのか?」

    「人間にとって、自然とは何か?」

    この問いに対する甲野先生の取り組みが俯瞰でわかります。

    何となく、文章が丸くなってきた気も・・・・・。

  • 帯表
    甲野善紀、62歳。
    なぜ、今が、いちばん身体が動くのか!
    ここ数ヶ月の間に起きたことを振り返ってみても、私の生涯で、現在が技を使う身体としては最もよく動きます。単なる筋力とか反射が速いとか、そういうことではなく、人間の様々な働き、能力を駆使して、次の世界を拓いていきたいと思っています。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

武術研究者 1949年東京都出身。1978年松聲館道場を設立。日本古来の武術を伝書と実技の両方から研究し、その成果がスポーツ、楽器演奏、介護、工学等から注目を集め、日本各地のみならず海外からも指導を依頼されている。2007年から3年間、神戸女学院大学で客員教授も務める。著書に『表の体育 裏の体育』(PHP文庫)、『剣の精神誌』(ちくま学芸文庫)、『神技の系譜』(日貿出版社)、『できない理由は、その頑張りと努力にあった』(聞き手・平尾 文 PHP研究所)など多数。

「2016年 『ヒモトレ革命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武道から武術へ―失われた「術」を求めてのその他の作品

甲野善紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする