なぜ怪談は百年ごとに流行るのか (学研新書)

著者 : 東雅夫
  • 学習研究社 (2011年7月20日発売)
3.67
  • (2)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054050167

作品紹介

なぜか日本では百年ごとに怪談が流行っている。では、百年前、二百年前には何があったというのか?江戸の一大怪談ブームから、明治・大正の黄金期、そして平成の怪談ムーブメントまで、意外な視点でつづる新たな日本怪談文学史、誕生。

なぜ怪談は百年ごとに流行るのか (学研新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016.05.16.図書館で予約。

    2016.05.18. 図書館で借りた。

    2016.05.24. おもしろくないから返す

  • 電書で読んだ。ガイドブックとしてよい感じです。いろいろな作品を読みたくなる。
    タイトルの疑問に対して分析的な内容がなかったのは期待外れで残念。

  • 日本の江戸期からの怪談本のための「教科書みたいな本。内容が濃い。

  • 百物語大ブームから百年。ちょうど今が怪談の年。
    日本怪談文藝年表が素晴らしい。素晴らしすぎて、コピーして手帳に忍ばせたいくらい。サイン貰ったのでお部屋に飾っている。

  • 感想未記入

  • 過去に流行した怪談の歴史、怪談を好んだ作家などから現代の怪談ブームまで広く網羅。怪談の真を学ぶ。

  • 見事にこのブームにのってしまってる私!読むべき本や指針が濃い一冊で、読みたい作家さんを沢山知ることが出来た指南書。手元に置いておきたい。円朝怪談もほんと本気で聞かなきゃ!

  • 資料ID:92114762
    請求記号:
    配置場所:新書コーナー

  • 巻末の「日本怪談文芸年表」が素晴らしいです。

全14件中 1 - 10件を表示

なぜ怪談は百年ごとに流行るのか (学研新書)のその他の作品

東雅夫の作品

なぜ怪談は百年ごとに流行るのか (学研新書)はこんな本です

ツイートする