小室淑恵のチームを動かす! リーダー術: メンバーが「自分ごと」で動き出す12のコミュニケーション

著者 : 小室淑恵
  • 学研マーケティング (2012年6月19日発売)
3.41
  • (7)
  • (7)
  • (13)
  • (7)
  • (0)
  • 本棚登録 :120
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054053823

作品紹介

これからのビジネス社会に求められているのは、「自分で稼ぐリーダー」ではなく、「チームで勝てるリーダー」。リーダーがメンバーの心をぐっとつかみ、上司やクライアントも巻き込みながら、チームの力を最大限に発揮させるコミュニケーション・スキルを紹介。

小室淑恵のチームを動かす! リーダー術: メンバーが「自分ごと」で動き出す12のコミュニケーションの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【読書その15】これまで何冊も読んでいる(株)ワークライフバランスの小室淑恵氏の著書。まさに自分自身のような立場の人間が何を求められるかを書いた本。この本を読んで、自分自身の至らなさを改めて痛感。
    業務の平準化し、一定のアウトプットを出すことを求められているが、なかなか平準化が難しい。ある程度、自分のラインに仕事が集中することは避けられないものの、いかに他の業務を適切に分担してパフォーマンスをあげるか。
    また、課をチームとしてまとめあげること。リーダーとしてコミュニケーションをとりつつ、メンバー全体の意識を共有化し、チームとして形にしていくこと。正直今週の自分は本当に疲れとストレスもありイライラしてばかりで負のオーラを放っていた模様。部下からイライラしてますねと心配される始末。これではチームとしてまとめる以前の問題ですね、猛反省。

  • まずは予定と実施結果

  • 希望にあふれるリーダー術の本。
    実践してみたくてわくわくしてくる。

  • 結構新鮮だった。

  • 今時のリーダー術。
    チーム力とマニュアルとコミュニケーション。
    それでも、リーダーの才能と形別にあると思う。

  • メモあり

  • きめ細かい、社内外でのコミュニケーションの指南書。
    驚くのが、かなりの点が、育児のノウハウと共通していることである。
    まず話を聞く。褒める。少し助言する。環境を整える。
    自分だって、そのように丁寧に対応してもらえたら嬉しい。
    相手が大人でも子供でも、すぐれたコミュニケーション方法は一緒かもしれない、と改めて思う。

  • 新人リーダー向け。紹介している手法は、フレームワーク的ではなく、人情論を中心としたコミュニケーション手法。なので、実践するには読み手の努力が必要。

  • 最後の実践トレーニングは、ワークライフバランスに偏っている。自分の業務に落とし込むのは難しそう。。。NG会話は反面教師として納得できるところがあるが、OK会話への転換が飛躍かつ偏っているので参考にするに難しい。

  • チームでどうコミュニケーションをとるか、対クライアントでどうコミュニケーションをとるかの具体的な例示があってよかった。

全16件中 1 - 10件を表示

小室淑恵のチームを動かす! リーダー術: メンバーが「自分ごと」で動き出す12のコミュニケーションのその他の作品

小室淑恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チップ・ハース
デール カーネギ...
佐々木 圭一
デイル ドーテン
OJTソリューシ...
有効な右矢印 無効な右矢印

小室淑恵のチームを動かす! リーダー術: メンバーが「自分ごと」で動き出す12のコミュニケーションはこんな本です

小室淑恵のチームを動かす! リーダー術: メンバーが「自分ごと」で動き出す12のコミュニケーションを本棚に登録しているひと

ツイートする