新版生きるヒント1

著者 :
  • 学研パブリッシング
3.71
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :73
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054058767

作品紹介・あらすじ

累計400万部のヒットエッセイシリーズが、20年の時を経て全く新しい形で2013年にリバイバル。著者の新規書き下ろしパートも加え全編本人編み下ろし。新しい装丁で、現代の迷えし人々に、希望を見つめ前進するための「生きるヒント」を届けます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長年多くの人に読まれてきた「生きるヒント」を、30歳という節目の歳を目前に読んでみようと思い立ちました。
    新版では全60編を新たに組み直し、12編ずつ5冊に分けたものだそう。
    あくまで「ヒント」として著者が差し出してくれているので、受け取るも受け取らないも読者にゆだねられているところが安心できます。

    ・よろこび上手、よろこばせ上手でいること。
    ・化粧以上に大切なのは微笑。
    この2つは普段から意識していたいと思いました。

    謙虚でありつつも、自分で自分を認めてあげる。
    さまざまな刺激にあふれた現代で、自分のバランスを取りながら生きるために、ときどきこういう本を読んで自分を省みる時間を作ることも大切だと思いました。

  • 10年以上前に氏の著作を2冊ほど読んだことがあり、その時に氏の死生観に共鳴した過去があった為、今回改めて著書に手を伸ばしてみました。やはり深く納得する言葉が散りばめられていた。是非、他の著作も読んで氏の言葉を自分の血肉としたい。

  • 新版になった生きるヒントシリーズ、その第一弾。歓ぶ、悲む、と言った心の有り様をつぶやくように語る。
    決して押し付けない、まるでエッセイのような文で心が楽になるようです。レッスン1の「歓ぶ」ではズーンとくるものがあって、思わず泣いてしまいました。

  • 「悲しいではないか」という明治の書生さんの挨拶、何だかカッコよく思えた。トウェインの「ユーモアの源泉は哀愁である」ってモンティパイソンの「ノット・ザ・メシア」のラストに通じるものがあるよね!

  • 請求番号:914.6/Its/1
    資料ID:50075200
    図書館1階 学生選書コーナー

  • 読むのは今でしょ!最近の自己啓発本じゃないので、ワザとらしくない。

全6件中 1 - 6件を表示

五木寛之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
佐々木 圭一
ヴィクトール・E...
池井戸 潤
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

新版生きるヒント1を本棚に登録しているひと

ツイートする