「フルベッキ写真」の暗号 (mu NONFIX)

著者 :
  • 学研プラス
3.57
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054060241

作品紹介・あらすじ

「フルベッキ群像写真」には“暗号”など隠されていなかった。そして、坂本龍馬や西郷隆盛などの幕末の英傑なども写っていなかった。さらに、明治天皇の“替え玉”も写っていなかった…。一枚の古写真が投げかけた謎とミステリー―その真相ははたして……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容(「BOOK」データベースより)
    時代を感じさせる一枚の「古写真」―西洋の親子を中心にその周囲を取り囲む44人のサムライたち。この写真は「フルベッキ群像写真」と呼ばれ、歴史ファンの間では“謎の写真”とされてきた。曰く―この写真は、西郷隆盛、大久保利通、中岡慎太郎、坂本龍馬、伊藤博文などの幕末の英傑たちが秘密裏に集まって撮影された歴史的な一枚である。曰く―この写真には、後に明治天皇と“すり替わった”大室寅之祐という青年が写っている。一枚の古写真が投げかけた謎を追い求めた筆者がたどり着いた真実…今、すべての謎が明らかになる…!

    日本史に疎い私でさえ、この写真の名前入りのものを見たらわくわくが止まらないです。名だたる有名人たちが勢揃いですので、これが本当に志士たちの記念写真だとしたら幕末小説に更なる物語が追加される事になるでしょうね。この写真の真偽から、伊藤博文の暗殺事件、明治天皇のすり替えまで数珠つなぎにつながっていて、たった一枚の写真から、なんと人間の想像力の豊かな事かとびっくりします。ところがそんな夢いっぱいのうさんくさい写真の謎を実地的に暴いて行きます。市井の研究家たちがロマンを持って語る数々の持論、大変興味深いながらも歴史を捻じ曲げる原因になってしまっていたんですね。てっきり本当にそういう写真かと思って、名前と照らし合わせてしげしげと見てしまった自分が可愛い。
    この話の中でもっとも興味深かったっと言うか、それだけで1冊になるなと思ったのが、渡辺魁という人物。一生強制労働のような刑に処された彼が、見張りを打倒して脱獄し、名前を変えて裁判官に迄上り詰めるという冗談のような話。相当に優秀な人物だったんでしょうね。これだけで映画化できそうです。

  • フルベッキ写真と明治天皇すり替え説、

    二枚のフルベッキ写真、

    伊藤博文の暗殺事件、伊藤が孝明天皇暗殺の下手人との指摘、

    昔の身分に返しますぞ、西郷に叱られた明治天皇

  • いわゆる「フルベッキ写真」はニセモノとする考え方。やっぱりそうかと納得できる部分もあった。加えて明治4年に盗撮された明治天皇の写真と明治5年に撮影された写真が別人に見えるというのも面白かった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1941年東京市生まれ。ノンフィクション作家。東北大学工学部中退。陸軍中野学校に関連する著者が8冊。共著を含めて50冊のノンフィクションを刊行。近著に『ルポ老人受刑者』(中央公論新社)。現在も現役で取材現場を飛び回っている。

「2021年 『陸軍中野学校全史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斎藤充功の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×