明治天皇“すり替え”説の真相: 近代史最大の謎にして、最大の禁忌

  • 学研プラス
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054061293

作品紹介・あらすじ

明治天皇はすり替えられていた……。この近代史最大の謎が語るものはいったい何なのか。明治天皇すり替え説を複層的な視点から検証し、この説に隠された真実を通して、明治という時代の闇と、それに連なる現代日本の歴史・社会構造を鋭く斬る一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 明治天皇のすり替えはあったのか?フルベッキ写真の真相は?ということで、落合氏と斎藤氏の対談を交えながら、それぞれの主張が展開されていきます。

    すり替えはあったとする点では共通ですが、それが大室寅之祐であったかどうかとか、フルベッキ写真の青年は誰なのかという点で、2人の主張は微妙に異なります。
    共産主義的視点ではなく、純粋に知りたいという欲求に押されて、最後まで興味深く読めました。

    落合の思考は多量の裏資料を元に構成されているようですが、その資料は公でない点に落合史観の真髄があるように感じました。

  • 落合莞爾/著
    斎藤充功/著
    明治天皇はすり替えられていた……。この近代史最大の謎が語るものはいったい何なのか。明治天皇すり替え説を複層的な視点から検証し、この説に隠された真実を通して、明治という時代の闇と、それに連なる現代日本の歴史・社会構造を鋭く斬る一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

落合 莞爾
1941年、和歌山市生まれ。東京大学法学部卒業。日本および世界の金融経済の裏のウラを熟知する人物として斯界では著名な存在である。近年は京都皇統からの仄聞情報を基にした日本史に関する見解を「落合秘史」として発表し続けている。著書に『金融ワンワールド』、「落合秘史シリーズ」 として『明治維新の極秘計画』『南北朝こそ日本の機密』『国際ウラ天皇と数理系シャーマン』『奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新』『京都ウラ天皇と薩長新政府の暗闘』『欧州王家となった南朝皇統』『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』、『ワンワールドと明治日本』、國體古代史に敢然と挑んだ『天皇とワンワールド(国際秘密勢力)』、『天皇と黄金ファンド』、『天孫皇統になりすましたユダヤ十支族』、「落合・吉薗秘史シリーズ」として『「吉薗周蔵手記」が暴く日本の極秘事項』、『國體アヘンの正体』、『日本皇統が創めたハプスブルク大公家』『ワンワールド特務・周恩来の日本偵察』(いずれも成甲書房)がある。

「2018年 『國體忍者となったタカス族とアヤタチ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

落合莞爾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
又吉 直樹
三浦 しをん
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×