ほんとうはいないかもしれない彼女へ: 第1回 本にしたい大賞受賞作

著者 :
  • 学研パブリッシング
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054061576

作品紹介・あらすじ

「泣ける恋愛映画」の記事をどうしても今晩中に書かねばならないライターの俺が雨の中DVDショップに行くと、そこには目ざす作品を手に取る美しい少女が。不可思議な二面性をもつ彼女との出会いと別れを爽やかに描く、第1回「本にしたい大賞」受賞作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いい話にやんだが…
    悲しい話だ…
    最後まで…
    実夏に理解が得られないまま終わるのが悲しい
    多重人格が一つに戻るということは…
    他の人格が消滅するということだろうか…
    確かに…
    人格が変わっている間の記憶は無いほうが一般的なのかもしれないにゃ
    そんな消えたはずの人格がプロローグ、エピローグでは書かれているのに…
    本編の実夏の心の変化がまったく書かれていないのは、残念
    何か…
    ほんの少しだけでも…
    気持ちの変化が書いてあったら、もっと心穏やかによみ追われた。
    変化がないこが…
    作者が伝えたかったことだとするなら
    とても悲しい話だにやん
    (モノクロ)

  • まあまあおもしろかったけど・・。

  • 残ったのはどっちの彼女?

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

富山県出身、東京都在住。小説、脚本のほか、ライターとして雑誌、WEBなどに、本や映画のレビューなどを書く。『ほんとうはいないかもしれない彼女へ』(学研パブリッシング)で、第1回本にしたい大賞受賞。

「2018年 『部活系空色ノベルズ 仰げば尊し 全3巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ほんとうはいないかもしれない彼女へ: 第1回 本にしたい大賞受賞作のその他の作品

舟崎泉美の作品

ツイートする