愛蔵版 水木しげるの憑物百怪

著者 :
  • 学研プラス
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054065154

作品紹介・あらすじ

ムーで1991~95年にかけて掲載され、1995年に書籍化された『水木しげるの憑物百怪』に未収録作品を加えた完全版。前回は、巻頭の数作品のみカラーで掲載したが、今回は、すべての作品をカラーとして掲載する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 野干について山田野理夫大先生の本から引用したり、鳥山石燕の作った妖怪を紹介したり、アレなのだが、
     けっこう面白い。

  • 素晴らしい本です。この版型をなんと呼ぶのか知らないですが、ちょっと大きめの横長開きの製本で、左ペシにフルカラーで水木大先生の絵(これがとても質が良くてぢっと眺めていると嬉しくなって来る) そして右ペシにはその絵の解説。 ペジをめくることに「わぉ」って声が出ます。

    登場するのはかなりマイナーな憑物的もののけ達。 もちろんゲゲゲの鬼太郎に出演?しているような有名妖怪はここにわ一切出て来ない。 そもそもこれわ妖怪の本でわ無いのだそうです。そこが又良し(^^)。

    日本のあちこちに古くから伝わる「憑き物」のお話です。

    四国地方の登場比率がかなり多い。 もちろん我が故郷阿波徳島県三好郡も2話が載っています。 たぬきのお話が多いです。そう阿波讃岐あたりは狸話しの宝庫なのです。

    ぼく的には「金長」という近隣の町に住まわったたぬきの話が好きです。その0町にわ「金長まんじゅう」という銘菓まであり、これが結構おいしく全国的にも売れています。 あ、そんな商売じみたことを水木大先生が書かれているのでわ無いので誤解なきよう。 金長はあくまでボクのうんちくですので。すまぬm(_ _)m/

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

本名、武良茂。1922年(大正11年)生まれ。鳥取県西伯郡境町(現・境港市)で育つ。幼い頃から物語をつくる力に優れ、また天才的な画力を発揮。高等小学校在学中に個展を開き、新聞に絶賛される。しかし学業のほうは芳しくなく、一旦は上級学校への進学を断念するが画家になる夢は諦めず、仕事の傍ら塾や独習で画力を磨く。
やがて太平洋戦争の召集により、南方の激戦地に送られマラリヤと爆撃で左腕を失うが、九死に一生を得て帰還する。
戦後は様々な職業を経て、紙芝居作者、貸本漫画家となり、「別冊少年マガジン」に発表した『テレビくん』で講談社児童漫画賞(現・講談社漫画賞少年部門)を受賞。その後『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』とヒット作を続けて発表、日本を代表する国民的漫画家となる。
近年、夫人との暮らしぶりがNHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で描かれ、爆発的なブームを巻き起こした。
紫綬褒章、旭日小受章、文化功労者の栄を得て、世界各国の漫画賞も受賞し、漫画史に名を刻む存在となった。
2015年11月30日、逝去。享年93。

「2018年 『ゲゲゲの鬼太郎(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水木しげるの作品

ツイートする