人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

  • 学研プラス
3.84
  • (41)
  • (54)
  • (37)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 800
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054065994

作品紹介・あらすじ

「収納は使うな!」一度試しただけで、劇的にモノが減っていく!部屋、カバン、デスク、時間、人間関係…。人生すべてをスリム化する、頭脳環境ダイエット。テレビでおなじみ、メンタリストDaiGoがあなたに贈る、片づけで人生を切り拓くためのヒント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 具体的で分かりやすかった。
    1イン2アウトや理想の1日をリスト化する、日用品に少量の「いいモノ」をまとめ買いするなど、出来そうな事も多かったので試してみようと思う。
    「1日1与」だけは納得できなかった。自分が要らないものは他人も要らないと思う。捨てる罪悪感から免れる為に、不要なモノを押し付けてはいけないのでは。それより、それを捨てなくてはいけなくなった状況をキチンと受け止めるべきではないのでしょうか。

    4

  • こんまりさんは物に対して感謝し、物の価値を高めることで捨てるという行為にも価値を示していた。
    DaiGoさんはこの本では時間に最も価値を置き、物を所持することにより、価値ある時間を失っているという事実を示すことで物を減らすためのアプローチを提案している。

    同じ片付けがテーマの本だが、フォーカスが違って面白かった。どちらも良い部分をピックアップして取り組むと良いと感じる。どちらの手法でも部屋はキレイになると思うから。「ときめき」が難しければこの本の7つの質問を使用すればよい。けどこの本には小銭を見つけたら財布にすぐ入れろ、なんて当たり前のようでできていないことを指摘するこんまりさんのような解説は書かれていない。

    テーマゆえに超選択術と記載内容が重複している部分が多かったが相変わらず勉強になりました。

  • 物が少ないと決断するのに時間をかけなくてすむ。
    とても重要!

    服とか靴下、正直、同じ色のもので良い気がしてきた。。。

  • 誰もが気になるテーマを、著者は大好きな読書で得た他人の研究成果を裏付けとして、自身の持論を一冊の本にした。
    テーマがあればいくらでも量産出来そう。
    読書感想文(失礼)の書籍化とはいいビジネスモデル。

  • youtubeでDaiGoさんのチャンネルをよく見るので購読。片付けの目的=人生の最大化ということを明確に打ち出していてわかりやすい。ただ、ちょっと期待外れだった。バンバン捨ててスッキリできるかなと期待していたが、捨てたい気持ちにあまりなれなかった。内容は理論的で納得ではあったけど、気持ちが盛り上がらず…アプローチ方法が私には合わなかった様子。
    私にはカレン本、こんまり本の方が気持ちが盛り上がり、たくさん捨てられて部屋も気持ちもスッキリさせる効果があった。

  • 2019/06/21読んだ。
    片付けは決断だと。
    現状維持は妨げだと。
    流された人生だと。

    1時間毎に記録が興味深い。
    1時間ごとに
    場所
    やっていること
    別のことを考えていたか
    を記録。
    自分の理想を見直す。

    一番考えたくないことだ。

  • よくある収納術本に比べて無駄がない
    キーワードがはっきりしてて、目的までの手段から逆算されている


    3択に絞る、他は捨てる


    初速の最大化のために環境を整える
    そのためにはモノを減らす

    付箋でやっていい選択肢だけを貼る

    捨てるものではなく持ち続けるものを選ぶ
    新聞で気になったから記事から読むのと同じ

    楽しい一日を色々想像して、一番を探してみる
    必要なものは紙とペン

    捨てる基準
    ①捨てたとして買い直すか
    ②ネットオークションで売れたら売るか
    ③買ったあの日に戻れたらまた買うか


    1イン2アウト
    1個買って2個捨てる

    5秒で戻せるところに収める
    収まり場所がないものは捨てるもの


    いらないメモとかが集中力を削ぐ

    スポットライトを使うといらないものが見えにくくなる

    黄色い光 アイデア
    青い光 集中力

    ものはデザインで選ぶ
    機能の良さは大体収納いい

    午前中に仕事を終わらせる
    午後は単純作業やアポ

    タスクはam、pm、nで分ける

    メールを閉じる事も必要かも

    スケジュールの予定に評価をつける
    ☆期待以上の効果
    ◯一応の成果
    △成果なし
    △のときは原因を一言書く

    月の方に書くとわかりやすいかも

  • 片付けは片付けする事が目的ではなく、人生を最大化する為の手段である。

    1日を1時間ごとに記録してみる。
    その時に作業以外のことを考えていないかチェックする。

    マルチタスクを避ける。
    作業だけでなく、自分が身につけたいことややりたい事もマルチタスクを避ける。

    GTDを使う。
    やるべき事をとにかく書き出す。
    すぐできることはする。時間がかかる事はam.pm.nと分けて取り組む。

  • 収納を頑張るのではなく、不必要な物を減らし人生においてのムダも減らす代わりに有意義な時間を手に入れる事を目的として書かれている。
    説明は分かりやすい例を持ってきたりしているし筋も通っているので、私は納得できるものばかり。
    片付け云々以前に「今より更に良い人生を送りたい」と思っている人にはおすすめ。

  • 大富豪になったらコレを買うか。
    中途半端なものは買わない

全61件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

メンタリストDaiGo(めんたりすと だいご)
1986年生まれ、静岡県出身。新潟リハビリテーション大学特任教授。科学とロジックで超常現象を再現する「メンタリスト」を名乗る。Youtubeチャンネルで定期的に動画を配信、そこで紹介した本の全国的に売上が上がっており、本のインフルエンサーともなっている。代表作として『自分を操る超集中力』。その他にも著作は数多く、おもにメンタリズムと心理術をテーマにしたものが多いが、実践的な目的のための実用・ビジネス書もある。2019年5月28日、『 無理なく限界を突破するための心理学 突破力』を刊行。

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則のその他の作品

メンタリストDaiGoの作品

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則を本棚に登録しているひと

ツイートする