20代で人生が開ける「最高の語彙力」を教えよう。

著者 :
  • 学研プラス
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054066151

作品紹介・あらすじ

20代が人生の大事な局面で駆使すべき語彙力とは「合格最低点」の語彙力でなく「質の高い」語彙力である。カリスマ千田琢哉が、仕事やプライベートで質の高い人間関係を築き、確かな結果をつかみ、人生を切り拓く武器になる「最高の語彙力」を本音でコーチ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日常生活で使える言葉を状況別に紹介してくれる。
    言葉の解説というよりは、その言葉の大切さを諭してくれる感じ。

    言葉の数が少ないので、何回か読み直しているとしっかり自分の言葉にできる気がする。
    たまに読み返したい。

    人間万事塞翁が馬

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2018年 『人生を変える、お金の使い方。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

20代で人生が開ける「最高の語彙力」を教えよう。のその他の作品

千田琢哉の作品

ツイートする