最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

  • 学研プラス
3.93
  • (44)
  • (59)
  • (39)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 1213
レビュー : 60
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054066892

作品紹介・あらすじ

人の心を見抜くメンタリスト、ベストセラー連発のビジネス書作家、企業の収益向上を担う経営コンサルタント、そして大学の特任教授として、大きな結果と高額の収入を手中にするDaiGoが初めて公開する「掟破りの勉強メソッド」。学生も会社員も必読の書!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とてもいい内容だと思う。ただ、本当に勉強ができる人は、こういう本は読まない。読んでる時点で、おバカさん。私は勉強に対して複雑な思いがある。勉強ができて当たり前の環境に生まれた故に、小学校のころ、本当にバカだったら、先生や周りからすごくいじめられた。出来損ないという風にしか扱われなかったし、直接、先生に言われたこともあった。中学に入り、数学と理科が好きになり、英語の先生に初恋をして、猛勉強をした。そしたら、中二の夏、すごい結果を出した。そのまま進学校へ進むと、勉強ができることで、「お前に俺たちの気持ちはわからない」とか、満点を取ると、「死ね」という手紙が机に入れられたり。そうしたことを先生に訴えると、考えすぎだと無視されたり。極めつけは、自分が教員になったとき、兄が嫉妬で家を飛び出してしまったことだ。高校から、ずっと私は実力を隠し続けている。だからこそよくわかる。この勉強法はとてもよく分析されている。

    中学の頃、一時間勉強した後、必ず10分ランニングをしていた。それをひたすら繰り返す。高校の頃、いじめもあって、仏教に興味を持ち、瞑想をこまめにするようにしたら、余計、成績がアップした。大学では、英語の論文を読みまくる。2年で889本の英文はいまでも記録だと思う。それをゼミやレフリー付き論文でアウトプットしまくったおかげでいろんなことが定着した。中学から、ずーーとミニ先生や家庭教師を続けていて、こうした繰り返しが身について教員になっている。研修会では、オーソドックスな教え方を披露するけれど、私の学級では、マインドマップ、クイズ学習、教え合い、『学び合い』、ミニテストづくり、朗読、立ち歩き、運動、ありとあらゆることを取り入れている。それこそが、生きる力だと思っているし。

    こどもより、先生たち、保護者に読んで欲しいな。エビデンスは、いくつか胡散臭いものもあったけれど、良書だと思う。

    一番の勉強法はね、自分が「この勉強が好き!!」ってこと以外にはあり得ないのだから。

  • 想起
    再言語化
    適度に運動する

    そんなに目新しいものはなかったかも

  • 世の中にはたくさん勉強法があって、
    実は効率の悪い勉強法がいまだに使われていたりする。
    (自分もやっていたのがいくつかあった)

    効率の良い勉強法に共通していることは
    自分の頭を使いながら学ぶアクティブラーニングだということ。

    勉強をアクティブラーニング化する2つのポイント
    1.想起
    2.再言語化

    - 想起
    簡単に言うと「思い出す」作業。
    忘れたころに思い出すというのは脳的に
    「わざわざ忘れたやつを思い出そうとしてるということは、めちゃ重要な情報なのでは?」という感じになっているらしく、
    記憶の定着につながりやすい。
    (メモ:チャンク(かたまり)で覚えるのすごいよいらしい。)

    - 再言語化
    「自分の言葉で置き換える」
    教科書丸暗記している状態では、ほかの問題などに応用ができない。
    自分の言葉で説明・言い換えることができてやっとその情報を理解したといえる。
    人に教えるつもりで勉強していれば、自然と自分の言葉で置き換えながら学べそう。

  • 目から鱗!!!


  • 英語を学び直したいのだけど、
    年齢が年齢なだけに
    集中力が伴わず(はい、言い訳です)。

    学生時代の手法も
    TOEICとか学校のスコア対策だったから、「はて、今するべきことはなんじゃい?」というお粗末な展開…

    幸いなことに、北大生とか
    司法試験目指してるコとか
    勉強loverが職場にいてくれるので、
    ちょいちょいこういうパスをくれます。
    (先述の英語問題に関しては「TED」を噛み砕くこと、が落としどころになりました)

    息子向けにも、自分向けにも。

    復習のタイミングとか
    アンダーラインがNGとか
    アクティブすぎるアクティブラーニングとか。

    カリフォルニア大学など、
    いろんな機関のエビデンスに基づいてます。

  • まねしよーかなーって思う点がいくつも見つかりました。
    でも、いくら勧められてもできることとできないことがあるので、気軽に導入できるものから始めました。


    P16 科学的に効率が悪い7つの勉強法
    ・ハイライトあるいはアンダーライン
    ・テキストの要略
    ・テキストの再読
    ・集中学習
    ・自分の学習スタイルに合わせる。
    ・忘れる前に復習する

    P58 覚えたいものをテスト・クイズ化して
     問題を作ってみよう。
     音読すれば、脳が、より活性化して
     記憶が定着しやすくなる。

    P86 「WHY」と「HOW」の質問

    P118 パーソナライズ音読

    主人公の名前の主語を”私”として考える。
    例)マイクは…→私は

    P226 人に話しかけるつもりで暗唱すると効果倍増。

    P232 ジェスチャー法
     体で表現しながら単語を覚える。

  • 目次、全体構成、つながり、使いやすさ。
    どれを取っても、本当にわかりやすい。
    DAIGOの本は、いつも読者に寄り添っているなぁと感じる。絶対に置き去りにはさせない、優しさを感じる。

    これまで世間では推奨されてきた、
    科学的に効率の悪い7つの勉強に始まる。

    1ハイライト、アンダーライン → ただやった気になってるだけ
    2語呂合わせ→ 物事の根本解決は望めない
    3テキストの要約 → 要約が上手い人は、元々その、内容の知識が頭の中にあることが多い。
    4テキストの再読
    5集中学術
    6自分スタイルによる学習 →
    7忘れる前の学習


    使える勉強の方法を一言で言うと、
    アクティブラーニング!!

    想起と再言語化

    1想起

    ⑴クイズ化 →ページ学習ごとに自分にテストをかます。
    ⑵分散学習 → インターリービング ※時間は均等に、休憩はさみ2×2×二の学習でした。
    ⑶チャンク(固まりをつなげる)化 → 情報の優先度が大事、10点満点の重要度をつける※マインドマップで繋げても良い

    2.再言語化
    ⑴自己解説 → 疑問を書き出し、答えていく、メタ認知リーディング(プレリーディング?速読、再読、再再読)
    ⑵ティーチングテクニック ※読み語りが良い。
    ⑶イメージング、パーソナル音読で。※人に話しかけるような形で。

    3.勉強前テクニック
    ⑴自己超越目標 → 自分の感情〈 大きい視点で、大きな価値について考えるのがコツ
    ⑵知っていることを書き出す
    ⑶好奇心あるものに、触れた後だと情報が入りやすく忘れづらい
    ⑷音楽を正しく使う ※科学的に両立はパフォーマンス落ちる
    ⑸戦略的リソース
    欲しい成果、どれほど、重要?自信は?仕事でどんな影響がある?
    ⑹自然の力で集中2倍
    ⑺ピアプレッシャー ※仲間の圧力

    4.勉強後
    ⑴報酬付き昼寝
    ⑵インターリビングスリープ ※途中で勇気持って休む
    ⑶運動で記憶定着
    ⑷マインドフルネス
    ⑸クロノタイプに逆らわず。

    実例や文献、購入後のアフターフォロー(自然音アプリの紹介や、脳トレアプリなど)もしっかりしていて、素晴らしいです。

  • 知りたかった情報がたくさん詰まっている上に簡潔にまとめられていて、例も至る所に書かれていて読みやすく、買ってよかった!
    私は毎回真面目に勉強しているのに知識が定着せず、全く成績に繋がらないので、何がいけなかったのか、どうしたらいいのかわからず困っていました。
    自分の勉強法が未だに確立できていないので、今回著者さんの紹介していた方法を色々取り入れてみて、成績が上がるか検証してみようと思います!
    あとしてはいけない勉強法やだめな思考がほとんど当てはまっていたので、知れてよかったと思いました。
    私的にすごく参考になりました。

  • 世の中には立証された優れた勉強法がたくさんあったことがわかった。きっとこうした勉強法を以前から活用していた人もいたんだと思う。オイラも活用できるものがあればぜひやってみよう、と思って読み進めた。が、たくさんの大学で効率的な勉強法についてこれだけ実験、立証されているのであれば小中高校で活かしてくれたらいいのに!って思う。子どもたちが学校、部活、塾と毎日忙しいサイクルを繰り返しているのは正しい方法なのかな?働くオイラよりも彼らの方が忙しそうに見える。ばったり倒れて寝てしまう姿を見てるとなんだか自分が恥ずかしくなる。
    ”「努力は報われないもの」と認める”で、
     私たちの脳は、「次に何をやるんだっけ?」と行動に迷った瞬間から、急激にモチベーションがしぼんでいく性質があります。その為、少しでも行動に迷いが生じないよう、あらかじめ具体的な対策を立てておくべきなのです。
    ってあったけど、すごくわかるなぁ。オイラはある頃から意識的にやりたいことややることを書き出すようになった。時間の過ごし方を大切にするようになった。ダラダラと過ごす時間がもったいなくなった。年齢の所為かもしれないけど。
    それから”選択と戦略をほめる”が励みになったな。自分で決めたことをやって成果があれば自分をほめてあげるって大切だと思う。だってオイラの些細な選択と行動なんて誰も気がつかないものね。知っているのは自分だけ。だから上手くいったら自分をほめてあげる。もし第三者がそれをほめてくれたらとても嬉しいしもっと頑張れたり、挑戦の幅を広げられられるんじゃないかな。
    オイラも頑張っている人がいたら励ましに声をかけてやれる人でありたいな。

  • タイトルで購入。元々動画も見ているので、内容は動画の内容をサマリーしたもの。
    要約する作業や間違ったタイミングでの復習をするより、下記を推奨している。
    ・2日、2週間、2ヶ月後、適切なタイミングで復習する
    ・クイズ形式で毎日のようにテストをする
    ・読書では、読んだ直後に、本を閉じて内容を思い出す
    ・音読や運動などを取り入れる
    ・勉強前に、勉強のリソースを確認したり、何を学ぶか目的を確認したり、事前準備をする。
    など、エッセンスが詰まった内容。

全60件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

メンタリストDaiGo(めんたりすと だいご)
1986年生まれ、静岡県出身。新潟リハビリテーション大学特任教授。科学とロジックで超常現象を再現する「メンタリスト」を名乗る。Youtubeチャンネルで定期的に動画を配信、そこで紹介した本の全国的に売上が上がっており、本のインフルエンサーともなっている。代表作として『自分を操る超集中力』。その他にも著作は数多く、おもにメンタリズムと心理術をテーマにしたものが多いが、実践的な目的のための実用・ビジネス書もある。2019年5月28日、『 無理なく限界を突破するための心理学 突破力』を刊行。

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法のその他の作品

メンタリストDaiGoの作品

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法を本棚に登録しているひと

ツイートする