読む本で、人生が変わる。: なりたい自分になるための本の使い方66

著者 :
  • 学研プラス
3.53
  • (9)
  • (19)
  • (21)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 410
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054067653

作品紹介・あらすじ

「自分と違う意見に線を引く」「勧められた本は、目の前でスマホで注文する」「目が合ったら読む」――。なりたい自分になるための「本の使い方」を、ベストセラ―作家・中谷彰宏氏が徹底レクチャー! 最高の読書習慣が身につけば、人生は大きく好転します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ①本を読むことで、生まれ変わりたい人
    ②本を読む習慣を、身につけたい人
    ③本を読むことで、
    仕事や恋愛のチャンスをつかみたい人

    のために書いた本だそうです。
    私はどれでもないけど、楽しく読みました。
    66から一つ紹介します。

    〈不安な時こそ、本を読もう〉

    中谷さんは二度東大受験に失敗しました。
    発表までの約10日間彼は読書をします。
    一年目は吉川英治『宮本武蔵』
    落ちた時「東大は虎を野に放ったな」と自分に言い聞かせました。

    二年目は星新一のショートショート。
    将来自分はこんな本を書けるようになりたいと思ったそう。

    その後博報堂の就職試験の作文で、星新一ふうに決めて、合格。
    入社してライターになってから銀座の文壇バーで星新一さんご本人に会えたそうです。
    (そういえば中谷さんの作風は、星新一さんを彷彿させますね)

    〈本は、未来を予言しています。
    今読んでいる本は、今だけのことで終わりません。
    その本は必ず未来への伏線になります〉

    私は最近の事件で「木村花さんも誹謗中傷した人たちもNETから距離を置き本を読めばよかったのだ」と思いました。
    そうすれば花さんも「死ぬしかない」などと思うことはなかったでしょうし、誹謗中傷した人たちも「こんなことに時間と労力をつかうの馬鹿らしい」とわかったでしょうし。

    どうしたら彼らに伝わるのかしらね…。

  • 本を読むときに、本の内容を覚えるのではなく、考えて自分のものにするというのが印象的でした。
    難しい本ほど覚えようとしてしまいがちですが、難しいことほどちゃんと考えて理解してないと、覚えただけではすぐに忘れてしまうんですよね、、、

    あと、本読んで満足しがちなので、深く広く色んな本にチャレンジして、本を読んだらすぐ行動心がけます!

  • 受け身ではない能動的な読書のすすめ。これを読んでいるうちに読みたい本がいくつも増えた!自分の自己紹介にあげるなら、どんな本にしようかと考えたり、読書しながら感じているつながりを思い、これは本に選ばれ道びかれていたのではないかとわくわくした気持ちになれた!

  • 冬休み、あまりにものんびり過ごしたので、刺激を得ようと手に取りました。
    中谷さんの本は、今日もヒントががいっぱいでした、

    驚いたことをノートに書く。
    →本を読むのは、旅行をしたり、絶景を見に行くのと同じ。大切なのは、その瞬間を味わうこと。→正に、今❗️

    自分の中にある体験とワンペアをつくる作業が、本を読むということ。

    どんな本にも、「ということは、これができるかな」と思える部分がある。

    本を読むことは瞑想。瞑想は、自己との対話。→色々読みたくなってきた❗️

    運は、読んでいない人から読んでいる人に流れる。→流れてきた、気がする⁉️

  • ◆どうして読もうと思ったのか?
    「確かに、読む本で人生が変わってるな〜」と思ったから。
    過去にも一度読んでいましたが、もう一度どんな事が書いてあるか気になってしまった。

    ◆どんな本なのか?
    本の魅力について書かれた本。
    本との出会いから接し方、向き合い方を教えてくれます。
    まるで彼女みたいですね。笑
    本を少しでも好きになれる、良いキッカケになります!

  • ・読書ノートは読書ノートではない、最終的に自分の行動ノートになっていく。

    ・本が高いか安いか、それは読んだ後の自分の行動で決まる。

    ・ネットで流れる情報は、予選なしの情報なので効率が悪い。本は本になるまでのプロセスがある。情報の質は本の方が高い

  • 本はデジャブ、本は運を運ぶ道具などの表現が面白い。

  • 本読みにとっては自分を後押ししてくれていると感じるような言葉たち多数。本をあまり読まない人にとっても、読書をするとそんなに良いことがあるのかと思って読書したくなるような内容になっていると思う。冒頭にある「なりたい自分になる方法」のリストが目次と連続していたため、目次が二つあるのかと混乱してしまった。巻末にあったほうが良かったのでは?と思った次第。それにしても改行が多い。ピックアップ:「第1志望の学校の子は休み時間に(スマホではなく)本を読んでいる」「06 自分とは真逆の考えの本も、読む」「11 1行に出会うために、読む」「(最後まででなくても)本を読んだらすぐ行動する」「問題集は最後までやりきる(やりきれるものを選ぶ)」「官能小説にも刺さる言葉があるかもしれない」「21 漢字を学ぶと、読むスピードが上がる」「本の値段はこれから上がる」「地元に関しての本なら図書館で」「66 本があなたを選んでいる」

  • 本をリスペクトしていて、本好きには心地よく読める

  • なかなか、面白かった。
    コンフィデンスマンをこの本で知るってゆう…。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て、独立。91年、株式会社中谷彰宏事務所を設立。【中谷塾】を主宰。セミナー、ワークショップ、オンライン講座の活動を行う。

「2022年 『中谷彰宏の子育てワクワク作戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中谷彰宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
齋藤 孝
メンタリストDa...
吉井 雅之
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×