大人の科学マガジン Vol.16 ( ミニ茶運び人形 ) (Gakken Mook)

制作 : 大人の科学マガジン編集部 
  • 学研プラス
3.92
  • (3)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (106ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784056048124

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大人の科学で一番最初にかったのがこれ。
    結構組み立てむずかしかったけど、なかなかたのしかったな。

  • 2月末に、表紙を見て、その可愛らしさに衝動買い!
    ・・・それから、放置2ヶ月以上
    やっと、先日、「茶運び人形」を作成しました

    この「大人の科学」シリーズは、以前からかなり気になっていたのですが、無精者の私が作成したい!とツボにピッタリはまったのは今回が初めてです。
    作り始めると楽しくて、ついつい時間を忘れてしまいました。(図工作業は好きプラモ作りは苦手)

    作成時間は、マニュアルによると、本体:約30分(不器用な私は50分くらい・・・)、 着物:1時間30分以上(私はなんと2時間30分!)う〜ん、不器用すぎる・・・

    マニュアルによる、動かす&動き方は、
    壱:ゼンマイを巻く
    弐:お盆に茶碗を載せると人形が動き出す。
    参:カタカタと30センチほど歩いてお辞儀をする。
    四:茶碗を取ると人形はその場で停止する。
    五:人形に茶碗を返すと、旋回して元のところへ戻って行く。
    という感じです。

    とりあえず、本体を作ったところで、試運転。
    ゼンマイを巻いて、平らなところに乗せてみると・・・直線に歩かず、クルクル周ってしまふ^^;
    テーブルから落ちそうになってしまいました。
    しかも、お辞儀をしてくれません。
    そして、何度かゼンマイを巻き、動かしていると「バキッ」という不吉な音とともに、なにやらプラスチックの黒い欠片が落ちて・・・
    でも、なんとか動いてはくれるようです。

    でも、動いたのが感動〜!
    本体は透明で、どうやって動いているかも見えて面白いです。
    まだまだ調整が必要ですが・・・

    着物は、添付の和紙を線どおりに切っていくのですが、思ったより時間がかかりました。
    折り紙が得意な人は、問題ないかもしれませんが・・・
    布で作りたい場合は、ネットから布用型紙をDLできます。

    作るのも楽しいのですが、雑誌の方も内容が充実していて面白いです。
    このミニ茶運び人形の楽しみ方(アフロカツラをつけるとか)、更なる高度な作り方(顔を女の子のフィギュアに変えて、ワンピを着せてメイドに変更する)なども載っていて、読んでるだけでも楽しめます。
    (実際、買った当初に雑誌を読んで、かなり満足してしまった)

    毎号、楽しそうな企画が出ている、この雑誌(ムック)。
    最新号vol.19は「ガリレオの望遠鏡」(現在発売中)。
    そして、次号は「手回しパイプオルガン」(6月下旬発売予定)
    「手回しパイプオルガン」は、台紙に穴をあけて自由に曲をプログラミングできるそうです!!
    他にも、バックナンバーなどでお気に入りの特集があったら、Let's try!
    きっと、楽しい時間が過ごせますよ!
    (でも、時間に余裕のあるときに作るのが良いかもしれません。夢中になっちゃうので)

    ★作成したものの画像はコチラ⇒http://fourwbook.fourw.net/e14101.html

  • ヘッドを替えたり、布製の洋服も型紙ダウンロードして着せ替えOK、カツラをつける等、カスタム可らしい。ほ、欲しい・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする