ゼロからわかるローマ帝国―完全保存版 (Gakken Mook)

著者 :
  • 学研パブリッシング
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (103ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784056066289

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ローマ帝国1200年の歴史を解りやすく説明した本。キーワードで読み解いたり、有名な皇帝を紹介したりととっつきやすいです。テルマエ・ロマエの映画の時期に出版されているので、そっちの説明にもページを割いてます。

  • 「ローマ人の物語」の副読本として購入。
    アウトラインを頭に入れることを目的に読めば、これぐらいで十分。

  • 「テルマエ・ロマエ」の公開に合わせて出されたものだろうけど、本村先生監修なのでしっかりしているし、見やすくて良いと思う。

  • 映画テルマエロマエをより楽しめるかなと思い購入しました。
    歴史だけでなく、歴代皇帝(主に五賢帝)の政策や人間味溢れる逸話なども細かく書かれています。
    後半はテルマエロマエ作者インタビューや、ローマ人の風呂文化について掲載されています。
    ローマ人の風呂へのこだわりには感心しきりです。

  • 20120424喜久屋書店学園都市

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

早稲田大学国際教養学部特任教授、東京大学名誉教授
1947年、熊本県生まれ。1973年一橋大学社会学部卒業、1980年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。
東京大学教養学部教授、同大学院総合文化研究科教授を経て、現職。専門は古代ローマ史。
『薄闇のローマ世界』でサントリー学芸賞、『馬の世界史』でJRA賞馬事文化賞、一連の業績にて地中海学会賞を受賞。
おもな著書に『教養としての「世界史」の読み方』 『教養としての「ローマ史」の読み方』(以上、PHP研究所)、『興亡の世界史 地中海世界とローマ帝国』(講談社)など多数。

「2018年 『30の「王」からよむ世界史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本村凌二の作品

ツイートする