運命と呼ばないで: ベートーヴェン4コマ劇場

著者 : NAXOS JAPAN IKE
  • 学研パブリッシング (2014年4月22日発売)
3.82
  • (5)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058002513

作品紹介

クラシック音楽レーベル、ナクソスのWEBで大人気連載4コマ漫画「運命と呼ばないで」が書籍化。大作曲家ベートーヴェンと弟子リースが主人公。書籍オリジナルの描き下ろし漫画や音楽コラム、年表、妄想BGMリストなど楽しい情報も盛りだくさん。

運命と呼ばないで: ベートーヴェン4コマ劇場の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【書く人】ぶっとんだ「楽聖」像 『ベートーヴェン4コマ劇場 運命と呼ばないで』 レコード会社社員 堀祥子さん(TOKYO Web)

    学研パブリッシングのPR
    http://hon.gakken.jp/book/2380025100
    特集1|おんがく通信|学研 おんがく.net
    http://gakken-publishing.jp/ongaku/note/special01/index.html

    NAXOS JAPAN
    http://naxos.jp/

  • ギャグ漫画で多少の誇張はあるだろうれど、ベートーベンの時代の音楽家の日々や抱える問題や当時の社会における立場などがよく理解できる。リース、クレメンティ、シュパンツィヒらベートーベンの周辺の人物にも興味が湧いてくる。
    おもしろすぎるけれど、けっしておふざけではなく、根っこには真摯な思いがこもった作品。
    別の音楽家で続刊が出たら楽しいなぁ♪

  • ベートーベンの事が、少し分かった。

  • 最近チェコ土産にベートーヴェン関連の小物をもらった。
    チェコにベートーヴェンのパトロンがいて、そこのお城にも観光に行き、そこで買ったと。ルドルフ公のことかな?!
    この漫画に登場するパトロンのリヒノフスキー侯爵とは違ったが。

    このパトロンはモーツァルトのパトロンでもあり、プラハには、いまだにモーツァルト作品のみが演奏されるホールもあると聞いた。


    自分の能力(音楽)を生かせるもの何でも手を出して生計を立てる。フリーランスではないが、そういう音楽家の生き方をかのベートーヴェンがしていたのか。


    面白い漫画だった。ナクソスのマイナー作品のCD宣伝もあり、そういうのも良かった。
    破天荒なところも、やっぱりベートーヴェン好きだなぁ。。

全4件中 1 - 4件を表示

運命と呼ばないで: ベートーヴェン4コマ劇場のその他の作品

IKEの作品

運命と呼ばないで: ベートーヴェン4コマ劇場はこんな本です

ツイートする