ママだからできる運動神経がどんどんよくなる子育ての本

  • 31人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 遠山健太
  • 学研マーケティング (2014年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058003053

作品紹介

親の育児法さえ間違わなければ、どんなお子さんでも一流アスリートになりうる素地(運動能力)を勝ち取ることができるという遠山健太氏。トレーニングと生活改善によって、わが子の運動能力をグングン伸ばす方法を教えます。

ママだからできる運動神経がどんどんよくなる子育ての本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 運動神経を良くする考え方と方法を解説する本。
    主に幼児から6歳までを対象としており、それまでに色々な体の動きを覚えると、それ以降に様々な運動に活かせて、いわゆる運動神経の良い子になるらしい。遺伝の要素も否定していないが、小さい頃からいかに体を動かすかにかかっているらしい。
    中学校くらいまでは専門の競技ばかりやらせない方が、怪我のリスクを避けられるし、あとあと伸びるらしい。
    習い事は基本的に勧めておらず、公園で遊びまわるのが良いらしい。習い事で唯一勧めているのが水泳だ。全身運動で、かつ左右対称なのが理由らしい。
    サクサク読めて為になるが、実践という意味では網羅性がそれほど高くなく、特にボールについての記述が少ない様に感じました。
    育児中の方にオススメです。

  • 運動を得意にするには9つの基本動作が大切。そしてそれぞれにトレーニング方法があるらしいが重要な部分は具体的には書かれておらず。著者のお教室に行かないと教えてもらえないらしい。
    ちょっとがっかり。

  • 期待して読んだ割に具体的な運動例は少なく。
    理論メイン。ある意味分かっている事なので、じゃあどうすればいいのかを知りたかった。
    運動の得意不得意って遺伝もあるけど、それより運動得意な親だと自然と運動に必要な体の使い方を子供に教えられるんだろうな。

全3件中 1 - 3件を表示

遠山健太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする