白崎茶会のかんたんパンレシピ

著者 :
  • 学研プラス
3.75
  • (4)
  • (8)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058004180

作品紹介・あらすじ

情熱の料理家・白崎裕子による、革命的パンレシピが完成!目からうろこのかんたん生地を基本に、クリームやチーズ、マヨネーズなど、具材までぜんぶ手作り。パン屋さんにあるパンが、バター、卵ナシで驚くほどおいしく作れます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは結局一次発酵だけ冷蔵庫、二次発酵常温なんでそれなりに時間のかかる手法。
    自分で今やろうとは思わないかな?

  • 28人待ち@0107
    そのうち

  • このレシピはうまくいったり、いかなかったり。
    水分量が多すぎてベタベタになってしまい、どうにもこうにも成形できなかったことが何度かある。
    私は国産の小麦粉を使っているのですが、この本は外国産の小麦粉を使用しているのだろうか?

  • 美味しそうなこんがり加減の表紙に吸い寄せられて手に取った一冊。「白崎茶会」って何ですの、と思いましたが有名なんですね、知りませんでした。

    レシピは独特です。発酵のさせ方、クリームなどのフィリングも独特のレシピ。いやすごい。
    体によさそうだなぁ、と思いました。絶品と謳っている豆乳クリーム作ってみたいなぁと思いました。

    こねこねしてビニールでほったらかしで発酵っていいなと思いました。
    多分日常的にパンをこねこねしている人にはチャレンジしてみたいレシピなのではないでしょうか。

    私はもっぱらホームベーカリーでこねこねは手抜きしているので「こんなに手を掛けられない」と正直思ってしまいましたが、魅力的であるのは確かです。

    私のように手っ取り早くドライイーストで美味しければいいやというんではなく、ちゃんといい材料で丁寧に発酵させきちんと手作りして食べたいという方にお勧めです。

  • にっぽんのパンと畑のスープでは失敗つづきだったけど(それでも美味しかった)こちらでは本の通りに作れた。ポリ袋ひとつで作る方法がとても手軽。洗い物がいらない分気楽に作れて嬉しい。一部海鮮食品は入るものの、よく植物性食品のみでここまでパン屋さんで売ってるようなお馴染みのパンに近づけられるものだな~と感心しきり。

  • 卵、乳製品、白砂糖を使わないパンの本。
    美味しそうだし、そこまで手間ではないのだろうけど、パン作りまでする余裕がない…。
    材料の紹介が、著者の会社の製品が多いのはちょっと残念…。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

白崎裕子(しらさき ひろこ)
料理研究家。逗子で40年続く自然食品店「陰陽洞」主宰の料理教室講師を経て、海辺に建つ古民家で、オーガニック料理教室「白崎茶会」を開催。予約のとれない料理教室として知られ、全国各地から参加者多数。岡倉天心を師と仰ぎ、日々レシピ製作と教室に明け暮れる。座右の銘は「魂こがして鍋こがさず」。著書に、『にっぽんの麺と太陽のごはん』『かんたお菓子』(WAVE出版)、『秘密のストックレシピ』『白崎茶会のあたらしいおやつ』(マガジンハウス)、など多数。
2018年、「料理レシピ本大賞 in Japan 2018」お菓子部門大賞を『へたおやつ 小麦粉を使わない 白崎茶会のはじめてレシピ』で受賞した。

白崎茶会のかんたんパンレシピのその他の作品

白崎裕子の作品

白崎茶会のかんたんパンレシピを本棚に登録しているひと

ツイートする