「勉強が得意な子」をつくるお母さんの戦略: 小1スタートダッシュ・9歳の壁・中学受験 失敗しない48の方法

著者 :
  • 学研プラス
3.31
  • (2)
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 38
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058004524

作品紹介・あらすじ

「はじめての子」が小学校に上がるお母さんに向け、受験の神様・和田秀樹先生が「失敗しない受験戦略」を基礎の基礎から丁寧にコーチ。小1で学習の上昇気流に乗る方法、9歳の壁の克服法、中学受験の鉄則と、わが子の成長に沿ったフォローのコツを教えます!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 9歳の壁に書いてるダメをそのまましてます。
    反省。

  • 勉強しなさい、ではなく、勉強しないと損するよ。
    かなりさらっと読める。
    勉強が得意な子にしたいという前提で書かれているのでスタンダードな本かな。

  • おおむね、共感できる内容でした。
    ただ、「勉強しろ」というのではなく、子どもが勉強が好きになる環境を作ることが大切だということ。

    共感できなかった点は、中学受験を強く勧めていたところ。それ以外の道はないのか? 疑問でした。
    あと、子どもの友達を親が選ぶといった点なども、気になりました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1960年、大阪府生まれ。東京大学医学部卒業。精神科医。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェロー、高齢者専門の総合病院である浴風会病院の精神科を経て、高齢者専門の精神科医として、30年以上にわたり高齢者医療の現場に携わっている。
主な著書に、『80代から認知症はフツー』(興陽館)、『病気の壁』(興陽館)、『70代で死ぬ人、80代でも元気な人』(マガジンハウス)、『80歳の壁』(幻冬舎)、『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)、『老いの品格』(PHP)などがある。

「2024年 『死ぬまでひとり暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田秀樹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×