図解 最新 貯蓄の教科書 (お金のきほん)

  • 学研プラス
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058005064

作品紹介・あらすじ

貯める戦略と手順が図解でわかる!貯蓄戦術の決定版。お金を増やす「貯まるしくみ」作りから、ネット定期・インターネット支店の賢い貯金術、損をしない銀行活用法のほか、保険、国債、確定拠出年金、退職金の運用まで、貯蓄のさまざま戦略をすべて紹介します

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 割と細かく項目ごとに分けて図も豊富に説明されていたので、仕組みや流れなどがわかりやすかった。
    色々と種類がありすぎて訳がわからない…と思っていた各種金融商品の違いも、なんとなくわかるようになってきた…ような気がする。
    あと、巻末のケーススタディ解説は参考になった。
    ---
    メモ:公社債投信@98p:一般的には「長期公社債投資信託」のことを指す
    メモ:投信のリスク@116p:債権<株式、国内<海外
    メモ:地方債@102p
    メモ:投信のコスト@121p:長期投資する場合は販売手数料よりも信託報酬に注意
    メモ:コストの低い投信@127p:アクティブ型<インデックス型<ETF
    メモ:確定拠出年金@136p:運用益非課税、所得税、住民税の軽減など、税制上のメリットあり
    メモ:NISAの対象@147p:預貯金や公社債投信、個人向け国債などには利用不可
    メモ:子育て世代のおすすめポートフォリオ@185p:普通預金25%、定期預金25%、個人向国債(変動10年)40%、投信(国内債権型)10%

  • 図解 シリーズは本当にわかりやすくて好き。
    構成がいいので自分に必要な箇所だけをピックアップして読める。

  • 5章がよかった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

昭和女子大学附属昭和小学校英語科専任講師。日本児童英語教育学会(JASTEC)関東甲信越支部運営委員。小学校教員向けの講座などで講師を務め、指導者の育成にも携わる。

「2020年 『小6英語をひとつひとつわかりやすく。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×