脊柱管狭窄症は自分で治せる!

著者 :
  • 学研プラス
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058005958

作品紹介・あらすじ

高齢者腰痛の最大の原因といわれる「脊柱管狭窄症」。ゴッドハンドと称される著者が、患者自身が自宅でできる体操やストレッチで、痛みを解消する方法を伝授する。また普段の歩き方や姿勢など、日常生活の工夫で腰痛を防ぐ手立ても解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。

    http://sommelierofbooks.com/science_computer/selfstretchforbackpain/

    ゴルファーやプロ野球のバッターのような
    スポーツ選手には『腰痛』に悩む人が多いです。

    プロ野球『千葉ロッテマリーンズ』で
    オフィシャルメディカルアドバイザーという
    経験を持つ著者の酒井慎太郎さんが
    『腰痛は99%完治する』として、
    すべての腰痛患者さんにアドバイスをする本です。

  • 新聞広告で知った本。軽い脊柱菅狭窄症で悩んで手に取った。ポイントは,やはり,腰に悪い生活習慣の矯正とストレッチによる関節可動範囲の維持・回復に尽きるようだ。

  • 20160616 今、一番悩んでいる事の解決方向をタイトルにした本。読んだけどそれだけでは意味が無い。やるか!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

さかいクリニックグループ代表。柔道整復師。整形外科や腰痛専門病院での臨床スタッフ経験により、独自の「関節包内矯正」を開発。難治の腰痛、首痛、ひざ痛などの患者に施術を行い、評判を呼んでいる。

「2018年 『分離症・すべり症は自分で治せる!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

脊柱管狭窄症は自分で治せる!のその他の作品

酒井慎太郎の作品

ツイートする