漢方的おうち健診-顔をみるだけで不調と養生法がわかる

著者 :
  • 学研プラス
3.58
  • (5)
  • (11)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 305
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058016312

作品紹介・あらすじ

顔色や肌の状態で「今日は調子がいい、悪い」と感じている人は多いと思いますが、それが体調だけではなく隠れた不調・病気や体質までわかるサインだと知っている人は少ないのではないでしょうか。超人気漢方家が、顔でセルフ健診する方法と養生法を教えます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読みやすくわかりやすい。
    中医学についてもっと学びたいと思った。自分の弱点も知れる。


  • 養生って、手間もヒマもかかるけど、価値あることだと思っています。

    漢方のチカラをお借りして、20年。
    それでもたまに、こういうのでおさらいしたくなります。

    この本そのものが、お薬みたいな一冊です。

  • 症状と理由の因果関係のようなものを知りたかったのだが

    気血水の概念がいまいちよく分からず、肝心脾肺腎との関係もいまいちよく分からなかった。気血水や肝心脾肺腎それぞれが独立していそうでオーバーラップしたような要素もある。境界は漠然としているし関係性も漠然としている。ロジカルな話なのか、全てはつながってますよ系の話なのか。
    もともと要素還元的な話ではなく、全体でとらえる世界観なんだろうとは思っていたのだが。症状、分析、対処法における肝心脾肺腎や気血水との関係が、原理原則のような位置づけでひもとかれるような内容なら腹落ち感があって引き込まれていったと思う。
    舌の観察などは面白かったのだが、結局「そーだったのか」的な感じになりそうでならなかったのが残念。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

国際中医専門員。日本中医薬研究会会員。漢方コンサルタント。漢方薬局の三代目として生まれ育つ。カリフォルニア州立大学で心理学を学び、帰国後はイスクラ中医薬研修塾で中医学を学ぶ。中国での研修を経て、国際中医専門員A級資格を取得。以降、漢方コンサルタントとして活動し、Twitterで発信されるやさしいメッセージと簡単で実践しやすい養生法も人気を集め、フォロワー数は十六万人を超える。一児の父。

「2022年 『つぶやき養生 春夏秋冬、12か月の「体にいいこと」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

櫻井大典の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×