最新改訂版 アスリートのためのスポーツ栄養学

  • 学研プラス
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 11
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058016398

作品紹介・あらすじ

ジュニアから成人まで、アスリートが強い体を作り、試合に勝つための食事方法を紹介。アスリートの栄養の基本、「強い体」を作る食事の基礎計画、試合に向けた食事計画、競技力向上のための食事計画、強くなる!目的別食事計画、体をつくる食品の栄養事典など

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • スポーツ栄養学に関する本。
    これまでも以下のような本を読んできたので、
    特別この本が優れているということではないのですが、
    コンパクトに分かりやすくまとまっている良書です。

    ※いますぐ使える ジュニアアスリートの栄養食事学
    https://booklog.jp/users/noguri/archives/1/4800730236#comment

    ※サッカー食
    https://booklog.jp/users/noguri/archives/1/4583037570#comment

    ※長友佑都のファットアダプト食事法
    https://booklog.jp/users/noguri/archives/1/4344034775#comment

    ※王者の食ノート
    https://booklog.jp/users/noguri/archives/1/4093882193#comment

    ※鉄人中澤佑二の食トレ
    https://booklog.jp/users/noguri/archives/1/4478111170#comment

    ※筋肉の栄養学
    https://booklog.jp/users/noguri/archives/1/4022950153#comment

    どちらかというと、栄養士さんの立場で書かれているので、
    アスリート側からの本ではないという点と
    レシピは載っていないという点が買う際の注意点。
    けれど、巻末に主要食材の栄養素と
    料理する上でのワンポイントアドバイスがまとまっているのは、
    個人的には良かったです。
    今日の食卓に使われた食材の項目を家族の前で読むだけで、
    楽しいです(自分だけ?)。

    栄養士さんの書くスポーツ栄養学は、
    どの本も概ね内容が同じなので、
    最新のものを一冊手元に置いておけば、
    まぁいいんじゃない、って感じが個人的にはします。
    この本は比較的新しいので、そういう意味ではお勧めです。

  • わかりやすい

  • 成分の鶏肉が生々しかったです。

  • アスリートが強い体を作り、試合に勝つための食事方法を紹介。「強い体」を作る食事の基礎計画、試合に向けた食事計画、競技力向上のための食事計画、強くなる!目的別食事計画、体をつくる食品の栄養事典などを掲載。

    2022年9月期展示本です。
    最新の所在はOPACを確認してください。

    TEA-OPACへのリンクはこちら↓
    https://opac.tenri-u.ac.jp/opac/opac_details/?bibid=BB00600703

  • 図書館がおくる、「クラブ・サークル向けおすすめ図書」

    クラブ・サークル名 バスケサークル

    請求記号 780.19/As
    所蔵館 2号館図書館

  • アスリートのための本格的な栄養学!
    とはいえp.120”大学生のための食事計画”も載っています。協議タイプ別、試合準備別、世代別、体調別、食品別、等、さまざまな視点から学べるのでオススメ!! 図書館スタッフ

  • 女子栄養大学図書館OPAC▼ https://opac.eiyo.ac.jp/detail?bbid=2000052519

  • 健康的な食事と対照的です。
    高GI、糖質をしっかりなど。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

昭和女子大学附属昭和小学校英語科専任講師。日本児童英語教育学会(JASTEC)関東甲信越支部運営委員。小学校教員向けの講座などで講師を務め、指導者の育成にも携わる。

「2020年 『小6英語をひとつひとつわかりやすく。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×