焚き火の作法

著者 :
  • 学研プラス
3.70
  • (3)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058016855

作品紹介・あらすじ

キャンプでの大きな楽しみが、焚き火。どうせやるなら、美しく・楽しく・周りに迷惑をかけず・心に残る焚き火にしたいもの。アウトドアアドバイザーで火の達人でもある寒川一氏が、焚き火の魅力・知識・テクニック・マナーなどの「焚き火の作法」を指南する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 海辺の砂浜で焚き火カフェをしている方の本。『焚き火の本』と内容はよく似ているが、焚き火カフェを茶道的なおもてなし、焚き火のやりかたを作法という視点で行っていることもあり、こちらのほうが文化的、精神論的な記載が少々多いですね。焚き火つながりでのアイヌや北極圏のサーミ族との交流も書かれています。
    焚き火の道具についての基本知識や火の熾し方などはもちろん書かれていますが、『焚き火の本』はキャンプサイトや道具を売っているショップの情報が載っていてより実用的なのに対し、こちらは作中で焚き火を行っている映画や本を紹介しているのが大きな違いですね。
    著者が開発したという丸い焚き火台はよくできていると思います。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

災害時に役立つアウトドアの知識をキャンプ体験、防災訓練、書籍などを通して伝えるアウトドアライフアドバイザー。北欧のアウトドアプロダクトを多く扱う(株)UPIアドバイザー。アウトドアでのガイド・指導はもちろん、テレビ・ラジオ・雑誌といったメディア出演など、幅広く活躍中。東日本大震災や自身の避難経験を経て、災害時に役立つキャンプ道具の使い方・スキルを教える活動を積極的に行っている。著書『焚火の作法』『たのしく防災! はじめてのキャンプ』他。

「2022年 『「サボる」防災で、生きる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寒川一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×