そそる! うち中華

著者 :
  • 学研プラス
3.73
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 55
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058017005

作品紹介・あらすじ

麻婆豆腐、青椒肉絲、ぎょうざにしゅうまい。みんなが好きなおかずといえばやっぱり中華!町の中華屋さんみたいな、あのそそる味が家でも作れたら! そんな願いをかなえるのがこの本。定番中華のここぞというコツを解説し、アレンジメニューも豊富に紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 食べたいといってる人のイメージ、店で出てきたもののイメージに近いものがつくれる、というのはありがたい。私の好きな味にどうしても寄ってしまうからね。うん。それがまずいと思っていないところが家族とのずれ。

  • 炒飯の作り方がかなり参考になった。

    ・お米はぬるい状態で(熱々だと粘る、冷たいと炒めるのに時間がかかる)
    ・一人前はお米一膳分と卵一個
    ・先にネギ焦がし油を作っておく
    ・先に具材を炒めて取り出ししておく
    ・卵を入れてひと混ぜし、お米を入れて3-4分かき混ぜる。米と卵が馴染んだ後に塩を入れると、ベチャつきにくい。
    ・最後の醤油や酒(ポン酢も可)は香り付けに。

  • 分かりやすく、美しい。
    中華調味料は豆板醤、甜麺醤、オイスターソースだけで、他は家庭にある調味料でok。
    定番メニューとアレンジメニューをそれぞれ用意してあるのでバリエーションも多く参考になる。
    手頃な食材が主役なので、冷蔵庫にあるものだけでもどれかはすぐに作れそう。

  • メニューを絞っているため読みやすい。

  • 最初に、この本で使う調味料が全て書いてあり、難しい物は一切なし。作ってみたいレシピが多い。丁寧に書かれているし「エビマヨ」から「にらあえそば」まで、幅広く掲載されている。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

京都府京丹後市の大自然に囲まれた地に生まれる。
中華料理をはじめ、家庭料理を得意とする料理家。
高校を卒業後、京都市内の老舗中華料理店で修業を積み、東京へ。
フードコーディネーター学校を卒業後、料理家のアシスタントなどを経て、独立。

身近な食材でも小ワザを効かせ、お店の味を気兼ねなく作れるレシピは
男女問わず幅広い年代から支持を得ている。雑誌、書籍、テレビなどで幅広く活動中。

「2023年 『旬中華 季節で味わう、家庭で楽しむ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今井亮の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×