陰と陽 歩み続けるジークンドー

著者 :
  • Gakken
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058018781

作品紹介・あらすじ

ジークンドー石井東吾の知られざる面、真の姿が明らかに。
ブルース・リーが創始した武術/哲学を修行し実践する武術家の半生を、自らの書き下ろしで綴る初の書籍。

自身のライフストーリーに、ジークンドーの技術と哲学両側面の一端を織り交ぜ、パブリックイメージの“陽”の顔を覆す、石井東吾を形成するもう一方の“陰”の要素にフォーカス。
著名写真家や精鋭クリエイター達とのセッションで表現した、ジークンドーをアートとして捉えたグラビアも多数掲載。

ひとりの武術家の登場で突如脚光を浴び、注目を集め続けるジークンドー。
身体能力はごく普通、格闘技経験の無い小柄な人間がジークンドー・インストラクターとなり、名だたるトップファイター達をはじめ武道・武術・格闘技ファンから、芸能・音楽・クリエイター等を含む多方面にわたるジャンルのフォロワーまで広く知られる存在になり得たその背景とは。
ジークンドー修行の道程から体得した技術や身体操作の成り立ち、パラレルワーク、マインドセット(心の在り方)、自己実現力の秘訣など、武術家/ひとりの人間としての軌跡が、己と対峙したリアルな筆致で記される。
写真家HIRO KIMURAによるメインビジュアルおよび巻頭・巻末グラビアや、スタイリストTEPPEIによるクリエイティブ・コンテンツが巻中グラビアに、そしてアートディレクター石井勇一が装丁およびブックデザインを手掛け、一流クリエイター陣とのコンセプチュアルなアートワークも展開。
受け手それぞれの解釈で各々のライフワークや生き方にインスピレーションを与える、人生を切り拓くエッセンスが詰まった1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 面白くて一気に読んでしまいました。
    好きなことに情熱を向ける行動力は素晴らしいし見習わなくてはと気が引き締まります。

  • ジークンドー石井東吾の、知られざる真の姿が明らかに。
    ブルース・リーが創始したジークンドーを修行し実践する武術家の半生を綴る初の書籍です。

    「Knowing is not enough, we must apply.(知ることだけでは充分ではない。我々はそれを応用しなければならない)。Willing is not enough, we must do.(思っているだけでは充分ではない。我々はそれを行動に移さなければならない)」
    これはブルース・リーが人生の“座右の銘”としていた言葉であり、自己実現の定理として重要な言葉である。 ー 111ページ

    年齢を重ねていくというのは老いることではなく、熟練していくことなのだ。 ー 116ページ

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

指導/監修◎石井東吾 いしい とうご
ジークンドー正統継承者のテッド・ウォン師父、ヒロ渡邉師父より教えを受ける。格闘家・菊野克紀氏、矢地祐介選手等との交流で武術界を超えた各方面から注目され、その卓越した技術と親しみある人柄から人気を集めている。

制作◎Jeet Kune Do Asia / Japan - Team TOGO

「2020年 『DVD ジークンドー・ファイナルステージ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井東吾の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×