15 地球の歩き方 島旅 伊豆大島 利島(伊豆諸島1)改訂版 (地球の歩き方JAPAN)

制作 : 地球の歩き方編集室 
  • Gakken
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058019375

作品紹介・あらすじ

東京から高速船でわずか1時間45分。思い立ったらすぐに行ける!想像を超えるスケールの火山島「 伊豆大島 」の完全ガイド。日本で唯一の“砂漠”や、島の中央にそびえる御神火こと三原山の火口など、火山島ならではの壮大な風景が広がります。ただただ、地球の息づかいに圧倒されるもよし、その広大な自然をフィールドにして、遊び尽くすもよし!気軽にリピートできる島だからこそ、何度も足を運んでその度に、楽しみ方を増やしていく。そんな旅人を応援する1冊です!

本書には以下の内容が収録されています。

●Chapter0(伊豆大島ってどんなとこ?)
島の人からのWelcome Message!
巻頭グラビア
ひと目でわかる 伊豆大島 ・ 利島 (広域MAP、基本情報Q&A、アクセス)
島ごよみ(ベストシーズン)
伊豆大島・利島をもっとよく知るキーワード
とっておきの島みやげ
島グルメ(郷土料理)

●Chapter1(伊豆大島・利島の巡り方)
タイプ別モデルプラン

●Chapter2(伊豆大島・利島の遊び方)
<アクティビティ>
三原山 トレッキング/ 裏砂漠 トレッキング/ サンセットパームライン ・サイクリング/三原山ダウンヒルサイクリング/4WDで裏砂漠ドライブ/大島公園遊歩道トレッキング/ バギーライド ツアー/釣り体験/ 海辺ヨガ /星空ウオッチング/ シュノーケリング ツアー/体験ダイビング 他

<島カルチャー>
椿 を愛でに行く/波浮港まち歩き/七福神巡り/料理教室/酒蔵探訪/陶芸体験/塩工場見学/椿オイルトリートメント/古民家&ゲストハウスでのんびり島ステイ/人気のレストラン&カフェ/島の湯めぐり/スナックデビュー 他

●Chapter3(伊豆大島・利島の歩き方)
エリアガイド(伊豆大島 元町 / 三原山周辺 / 岡田 ・ 泉津 / 波浮 ・ 差木地 / 利島 )

●Chapter4(伊豆大島・利島の深め方)
地理、歴史、お祭り、伝統芸能、島の手しごと、島に恋して、島ことば、本・映画

基本情報/アクセス/島内移動術/観光案内所活用術/宿泊施設リスト

予告なく一部内容が変更される可能性もあります。予めご了承ください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 桃山学院大学附属図書館電子ブックへのリンク↓
    https://www.d-library.jp/momoyama1040/g0102/libcontentsinfo/?cid=JD202302001602

    M-Portで事前登録が必要です。
    ◆学認からログインしてください。

  •  図書館の新着コーナーで手に取った。書架に平置きされていているのを見かけてちょいと旅したくなった。
     相模湾岸や伊豆半島からすぐそこに見える伊豆大島、また少し運がよければ利島の島影も確認できる。でも。、近くて遠いんだよねぇ。
     でも本著をめくっていて印象的だったのは離島とは言え、そこは東京都、なんとなく垢抜けているんだなぁ。
     なぜそう思うかというと数年間だけ伊豆半島の下田に住んでいたことがあるから。伊豆下田は江戸時代の開国のまち黒船でペリー提督や領事はリスが上陸したことで有名なまちだが、そこは静岡県、観光地ではあるが垢抜け感がない…。当時は神津島にまで光ケーブルが敷設されていたのに、伊豆半島はまだADSLだったしねぇ。
     それはともかく、伊豆大島は行ってみたいなぁ。利島もだけどハードルが高いねぇ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1979年から発行している、日本でもっとも発行タイトルが多い海外旅行ガイドブック。新鮮な現地取材データで、見どころや町歩きスポットを解説し、旅行者をサポートする。

「2022年 『地球のかじり方 世界のレシピBOOK』 で使われていた紹介文から引用しています。」

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×