W29 世界の映画の舞台&ロケ地: 422作品の物語の聖地を旅の雑学とともに歩こう (地球の歩き方BOOKS W 29)

制作 : 地球の歩き方編集室 
  • Gakken
3.70
  • (5)
  • (7)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 147
感想 : 11
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058020807

作品紹介・あらすじ

映画と旅は切っても切れない密接な関係。本書を通して、お気に入りの映画の世界に触れ、大好きな俳優が演じた場所に身をおき、映画の登場人物になった気分を味わう旅へと誘います。

本書には以下の内容が収録されています。

■スペシャリストインタビュー
LiLiCo さん〔映画コメンテーター〕
西岡純一 さん〔スタジオジブリ 広報部スーパーバイザー〕

■巻頭特集
ファンタジーの舞台となったあの場所へ
テーマとともに世界を巡る作品たち
アニメーション映画の風景の面影を求めて

■西ヨーロッパ
フランス / スイス / オーストリア / ドイツ / ベルギー / オランダ

■北ヨーロッパ
イギリス / アイルランド / アイスランド / スウェーデン / デンマーク / エストニア / フィンランド

■南ヨーロッパ
ポルトガル / イタリア / スペイン / ギリシャ / 北マケドニア / 旧ユーゴスラビア / クロアチア

■東ヨーロッパ
ウクライナ / チェコ / ロシア / ジョージア / ポーランド

■北アメリカ
アメリカ

■中央アメリカ
コスタリカ / メキシコ / キューバ

■南アメリカ
ブラジル / コロンビア / ベネズエラ / フランス領ギアナ / ペルー / アルゼンチン / チリ

■東アジア
香港 / 台湾 / モンゴル / 中国 / 韓国 / 日本

■東南アジア
ベトナム / タイ / シンガポール / カンボジア / ミャンマー / インドネシア / フィリピン

■南アジア
インド / ネパール / ブータン

■西アジア
イラン / ヨルダン / イスラエル / パレスチナ / トルコ / アフガニスタン / シリア / アラブ首長国連邦 / サウジアラビア / レバノン

■北アフリカ
モロッコ / エジプト / チュニジア / アルジェリア

■西アフリカ
リベリア / シエラレオネ

■東アフリカ
マダガスカル / マラウイ / ケニア / ソマリア / ウガンダ / ルワンダ

■南アフリカ
南アフリカ / ナミビア

■大洋州
オーストラリア / ニュージーランド

予告なく一部内容が変更される可能性もあります。予めご了承ください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回旅の目的は一つは博物館(遺跡)めぐり。もうひとつはロケ地巡りである。それ以外は平和関連で何処かに行く。

    うってつけの本があった!
    と思った、のだが‥‥。今年7月発行。
    しかし、編集した人はおそらく映画好きじゃない。ロケ地巡りなんか、したことないんだろう。ともかく現地に行けば、自動的に案内板ががあるか、チラシがあると思っているんだろう。或いは映画見ているんだから、直ぐに辿り着けると思ってるんだろう。映画制作者を舐めるな!!よくぞ、こんな普通の風景を、あんな美しい映像にしたよな、とするのが映画マジックであり、醍醐味であり、それでも映画と同じアングルを探してそれを写真に撮るのがファンとしての「聖地巡り」の醍醐味なのだ。私の行きたい所で、参考になるような紹介は、ひとつもなかった(取材者によってその精度は差がある)。

    韓国の紹介は、9つしかない。全部正確な場所の記述がない。本書によって撮影アングルを捉える自信はない。

    結局、私の読み方がいびつなのだろう。本書を読んで「こういう映画のロケがあったのね」から始まって、「いつか行きたいなあ」と思うための本なのだろう。或いは、そこから詳しく調べていく為の本であるのだろう。写真だけは美しい。勿論、「ハリーポッター」「ミッションインポシブル」など超有名映画ならば、いろいろ情報はあった。

    • 傍らに珈琲を。さん
      ☆が2つなのにkumaさんのレビューが楽しくて…ふふふでした。
      ☆が2つなのにkumaさんのレビューが楽しくて…ふふふでした。
      2023/12/02
    • kuma0504さん
      ★2つ。
      時々あります。
      そういう本は、レビューが少し長くなる傾向があります。
      作品は公のものだから、悪口(批判)を言っても良い、というのが...
      ★2つ。
      時々あります。
      そういう本は、レビューが少し長くなる傾向があります。
      作品は公のものだから、悪口(批判)を言っても良い、というのが私のポリシーですが、悪口をいう以上は、きちんとその根拠を示すのが必要だと思うからです。

      長々と悪口を書くと、中には「自分が傷つけられた」気分になって、批判してきた人も1人おられますし、ブロックされた方も1人おられます。でも私は自分のポリシーを曲げない。頑固なんです。
      2023/12/02
  • 映画のシーンがそのまま残る!世界各国に「実在する」映画のセットスポット7選 | RETRIP[リトリップ](2018年01月15日)
    https://rtrp.jp/articles/100885/

    一度は訪れてみたい憧れの場所!世界の有名映画ロケ地8選 | トリップノート - みんなでつくる旅行ガイドブック(2019年3月14日)
    https://tripnote.jp/article/movie-location-osusume

    映画のロケ地 トップ10 | ようこそ、ニュージーランド政府観光局の公式サイトへ。
    https://www.newzealand.com/jp/feature/top-10-film-locations-in-new-zealand/

    奇跡のロケ地!アイスランドで撮影された映画・ドラマ | Guide to Iceland
    https://guidetoiceland.is/ja/history-culture/movie-locations-in-iceland

    地球の歩き方旅の図鑑シリーズより新刊『世界の映画の舞台&ロケ地』が登場! 422作品の物語の聖地を旅の雑学や映画のトリビアとともにご案内 - 商品・サービスニュース | 学研ホールディングス
    https://ghd.gakken.co.jp/item/newsitem20230706_01/

    W29 世界の映画の舞台&ロケ地 422作品の物語の聖地を旅の雑学とともに歩こう | 地球の歩き方
    https://www.arukikata.co.jp/web/directory/item/110936/

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      LiLiCoオススメ!「ごっこ体験」が楽しめる映画の聖地 『世界の映画の舞台&ロケ地 422作品の物語の聖地を旅の雑学とともに歩こう』 | ...
      LiLiCoオススメ!「ごっこ体験」が楽しめる映画の聖地 『世界の映画の舞台&ロケ地 422作品の物語の聖地を旅の雑学とともに歩こう』 | BOOKウォッチ(2023/7/7)
      https://books.j-cast.com/topics/2023/07/07021449.html
      2023/10/13
  • 全422作品の映画の舞台とロケ地を巡ってみよう。
    ・スペシャル・インタビュー・・・LiLiCo、西岡純一
    ・巻頭特集・・・ファンタジーの舞台となったあの場所へ
          テーマとともに世界を巡る物語
          アニメーション映画の風景の面影を求めて
    ヨーロッパ・・・フランス、イギリス、チェコなど25の国と地域
    アメリカ・・・アメリカ、メキシコ、ブラジルなど12の国と地域
    アジア・・・中国、日本、インド、ヨルダンなど26の国と地域
    アフリカ・・・モロッコ、チェニジア、ソマリアなど14の国と地域
    大洋州・・・オーストラリア、ニュージーランド
    本書の使い方、INDEX有り。
    映画と場所の簡易な紹介、その場所のカラー画像、ACCESS、
    MoreInfo、CinemaDataでの構成。欄外にも豆知識有り。

    映画には印象的な風景がある。それは何処なんだろう?
    そんな映画の舞台とロケ地へ、雑学と共に旅に誘う内容です。
    一本の映画でも複数の国がロケ地になっていたり、
    行ったのにロケ地とは知らなかった場所だったり、
    日本のこんな場所が選ばれていて驚いたり、
    観ていた映画の一場面を思い出させてくれたりと、
    隅から隅まで楽しんで読みました。手元に置きたい一冊です。
    「ローマの休日」をマネしてスペイン広場でジェラートを
    食べた(今は禁止)初めての海外旅行が懐かしいなぁ。

  • 「地球の歩き方」にロケ地巡りシリーズができたとは感激!ジャンルに偏りがある私でも、観たことのある作品がいくつかあって嬉しい。有名な作品も選んでいるのだろう。この中で、好きな作品で、ロケ地にも行ったことがあるのに、そこがロケ地とは知らなかった、という例がある。(「ターンレフト・ターンライト」:台湾の北投)すぐにでも再鑑賞して行ってみたい!また、パラパラめくっていくと、その作品を観た映画館、その時の心境、あるいはテレビでとぎれとぎれに観ていた記憶などが蘇ってきて楽しい。そうそう、わりと新しくて最近テレビで観たばかりの作品「1秒先の彼女」もあった!今回の読書は、まるで自分の鑑賞史のよう。ビデオで持っているのもあるし、レンタルしたのもある。こうやって書いていくととりとめがなくなるのでこれでおしまい。

  •  こんな本があったらという夢のような本。本棚に置いておきたい永久保存版。映画と旅行が好きな人にはたまらない一冊。実際にロケ地に行くのは難しいが、読んでいるだけで旅をしている気分になれる。紹介している映画もマニアックなものから定番、名作と抜かりなし。素晴らしい!編集者がすごい!

  • あまりの素晴らしさに、次の旅行先を選ぶ用として親にも贈りました。
    内容はシンプル。
    映画の名前と、ロケ地や舞台となった場所の写真と、その行き方が大量に書いてあります。
    例えばペトラには直行バスで行ける、デビルズタワーには地域空港より車で2時間、ジュラシックパークのロケ地にはヘリコプターツアーに参加が一般的などと、簡単に行く方法や行くのが不可能では無いことが書かれています。(説明が簡単すぎるのは、その地方の歩き方を別途買いなさいの意味だと捉えています)
    興味ある方には凄く刺さります。本筋の歩き方では無い歩き方の中では、トップクラスにおすすめしたい。

  • シンプルにテンションが上がる本

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1979年から発行している、日本でもっとも発行タイトルが多い海外旅行ガイドブック。新鮮な現地取材データで、見どころや町歩きスポットを解説し、旅行者をサポートする。

「2022年 『地球のかじり方 世界のレシピBOOK』 で使われていた紹介文から引用しています。」

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×