身体を壊す健康法 年間500本以上読破の論文オタクの東大医学博士&現役医師が、世界中から有益な情報を見つけて解き明かす。

著者 :
  • Gakken
2.83
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 74
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784058021163

作品紹介・あらすじ

最近巷にあふれては消えてゆく健康情報、それ、本当に科学的根拠ありますか?その情報、本当に正しいですか? 今あなたが行っているそのダイエット、本当に医学的に実証されていますか?世界では毎日何千本もの論文が新しく発表され、健康、ダイエットそして知育など、生活に直結する情報が、『科学的に正しい根拠』をもって目まぐるしく更新されてゆきます。年間500本以上の医学論文に目を通してきた『ママ女医東大医学博士』が、今あなたに本当に必要な情報を、正しくそしてわかりやすくお伝えします。この手の本の著者は意外にも、現役で現場の最前線に立つ医師が少ないかもしれません。論文のかき集めに終始しているものが多く、論文をそのまま丸写しするにとどまっている点は否めません。に対し本企画の著者・柳澤氏は、医学専門出身で現役の医師にして1万人以上の臨床経験を持つため、「論文を写す」にとどまらず「使いこなす(複数の論文からベストな提案を導く)」まで昇華させている。ゆえにメディア出演時でもスラスラと答えられるため、メディア出演のオファーが絶えない。著者は日本の最高学府・東京大学大学院 医学系研究科 博士課程修了。大学院時代から、公衆衛生学を専攻し、社会疫学、医療経済学およびデータサイエンスを学んできている。現在は、東京大学および国立国際医療研究センターにて研究を行いつつ、ママ女医の立場から健康格差解消のための啓蒙活動に尽力、講演、記事監修や執筆等を行なっている。おもしろ経歴として海外医療活動参加歴あり。パナマにて国際船医免許取得後、世界一周クルーズ船船医として世界中からの乗客のべ8000人以上を診察、世界27カ国の病院に紹介状を持って同行医師経験あり。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どのようにすればよいのか、という具体例がとても少ない。情報だけでは理解が進まない。実践を伝えないと。

  • ひじきが体に良いと言われていること。
    時代の変化により、その作り方が鉄鍋からステンレスに変わり、含まれる鉄分が激減したという。つまり鉄分はひじきに含まれていたのではなく、その製造過程で加わったということ。
    同様のことは他の食品にも起きている。

    傷を洗ったり、鼻うがいにもしみない方法。
    消毒液を使ったら100%細菌感染してしまったという結果に衝撃。
    生理食塩水は 濃度がおよそ 0.9%の食塩水
    100ml の水に 0.9g の食塩が溶けているもの

  • 題名詐欺感が否めない

  • 非常に真っ当なことが述べられている一冊です。似たような内容の書籍としてHealth Rules(津川友介)があります。どちらか1冊読むとしたら、Health Rulesの方がおすすめです。

  • 女子栄養大学図書館OPAC▼https://opac.eiyo.ac.jp/detail?bbid=2000067192

全5件中 1 - 5件を表示

柳澤綾子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×