反関ヶ原〈4〉 (学研M文庫)

著者 : 工藤章興
  • 学習研究社 (2001年1月発売)
3.60
  • (4)
  • (1)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 31人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059000228

反関ヶ原〈4〉 (学研M文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まさに争乱。
    民がかわいそうであるぞよ。
    結局、島津はまったく出てこず。
    さて次は最終巻。
    どんな結末がぁぁぁぁあああああ!!

  • 読了。

  • 展開が早くなってきた。
    急きすぎてる気がする。

  • 東北がアツい!!
    この辺りからすっかり徳川家が崖っぷちに。
    ついでに上杉家も崖っぷちに。
    ハラハラします。本当に大丈夫なのか!?て思う。

    島殿の本気発動。忠臣過ぎて吹く。

  • 会津では上杉軍が苦戦していた。伊達政宗軍と徳川家康軍に2方面より攻撃されている。しかも家康は反則的な新兵器を投入する・・・景勝と兼続の運命はいかに!?
    そして長宗我部軍も同じく新兵器を持って大阪湾に攻めむ。
    行く手を阻むのは毛利水軍。
    水上の決戦はどちらに軍配が上がるのか!?
    そして膠着状態を打破すべく左近が動く!
    東軍が西軍をメタクソにする巻です。ハラハラドキドキで一気に読んでしまいました。
    面白い。

全5件中 1 - 5件を表示

反関ヶ原〈4〉 (学研M文庫)のその他の作品

工藤章興の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
和田 竜
有効な右矢印 無効な右矢印

反関ヶ原〈4〉 (学研M文庫)はこんな本です

ツイートする