ロンギヌスの槍: オカルティスト・ヒトラ-の謎 (学研M文庫 M レ 1-1)

  • 学研プラス
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059001072

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まともな研究書に見せかけてその実トンデモ本(汗)。

  • ヒトラー蔵書から彼にオカルト信奉の心性(つまり、行動や政策に影響を与える要素)を見て取れたので、ヒトラーのオカルト信奉(黒魔術・聖杯信奉)を正面からテーマにする本書を紐解く。ロンギヌスの槍とは十字架に磔にされたキリストを刺し貫いた槍。若い頃から黒魔術他、オカルトに傾倒したヒトラー(槍の実物の残存を信じたヒトラーが実に胡散臭い)がこの槍に執心していた模様を描く。ただ、著者自身がオカルト信者のようでもあって、その部分は相当割り引く要あり。また、ヒトラーの信奉ぶりの説明が、間接的証拠・証言に依拠も問題か。
    オカルト解説とヒトラーの傾倒とをそれほど区別して書いていないので、少し読みにくく、ヒトラーと余り関係のない人物のオカルト傾倒が多い点はマイナスか。これらから見て、かなりの部分の記述の信憑性には問題が残るが、余りこういう書はないことやヒトラー・ナチスのオカルト信奉自体の否定は難しい点は承認しうるか。なお、若きヒトラーがオカルトに帰依する際、麻薬?の影響下にあった可能性も示唆。2002年(底本1976年)刊行。

  • 途中まで読んだのだが、なぜか恐れを感じて先へ読み進むことが出来ない。ロンギンヌスの槍といえば、映画「エクソシスト」にも登場する。エヴァにも出てくるけれど。

  • ロンギヌスの槍の写真が載ってて自分も呪われると思ってました。

  •  ヒトラーがロンギヌスの槍だとか聖杯とかを探索させてたという話。それ以外にも南極に潜水艦を派遣させたとか・・・ヒトラー=オカルティスト関連の一冊ですね。

全5件中 1 - 5件を表示

堀たほ子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×