芥川龍之介妖怪文学館—伝奇ノ匣〈3〉

著者 :
制作 : 東 雅夫 
  • 学習研究社
3.00
  • (2)
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (782ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059001713

作品紹介・あらすじ

大川の畔に河童を想い、銀座の雑踏に妖精を幻視し、ビアスやブラックウッド、M・R・ジェイムズを愛読した怪奇の文豪・芥川龍之介。東西の幻術僧が激突する王朝伝奇ロマンの知られざる逸品「邪宗門」、オカルト・ホラーの先駆として映画化もされた「妖婆」をはじめとする伝奇と怪異の名品多数のほか、若き日の怪談蒐集ノート「椒図志異」や、大正の文芸百物語ともいうべき「怪談会」など、初復刻、初文庫化の貴重な資料を満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 帯表
    王朝伝奇、妖怪小説から百物語まで
    怪奇の人・芥川の全貌がここに!
    龍之介自筆の妖怪画も多数収録!

  • アグニの神をiPhoneアプリで読んだ

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

小説家(1892-1927)。東京帝国大学文科大学英文学科卒業。創作に励むかたわら、大阪毎日新聞社入社。「鼻」「蜘蛛の糸」など数多くの短編小説の傑作を残した。1927年、服毒自殺。

「2018年 『羅生門・鼻・蜘蛛の糸 芥川龍之介短編集 Rashomon, The Nose, The Spider Thread and Other Stories』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芥川龍之介の作品

ツイートする