新選組情婦伝 (学研M文庫)

著者 :
  • 学習研究社
3.58
  • (3)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059002642

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  タイトルがちょいと印象よくないですが(笑)新撰組隊士の話を女の目線から語った短編集です。
     有名どころで言うと芹沢鴨の愛人のお梅とか、松原忠司と心中した未亡人とか、その辺が出てきます。
     全部で6話入ってるんですが、目次を見てまっさきに「山南敬助の女」から読み出したあたり、私もどうなんだよ、っていう感じ(笑)
     山南さんの女っていうからてっきり明里なのかと思ったら違う女の人で驚きました。他にも「原田佐之助の女」ってのがありますがこれもお嫁さん(おまささん)じゃないし。
     どの女性も不幸で悲惨な結末を迎えてしまうのが可哀想だったな。ちなみに一番印象に残ったのは「藤堂平助の女」の話でした。この人は自分が死なないぶん他の女性より不幸度は低いと思うのですが……でもせつない。
    (読書日:2004/3)

  • ほぼ創作です。そして艶っぽい話の短編集です。ちょっと珍しかったのが、藤堂平助の恋愛話。あまり恋愛の話が出てこない人物なので、意外な気がしました。総司の恋も、いつものように淡い恋物語ではなく、しっかり色っぽい話になってます。新選組が悲劇をたどっていくように、どの恋愛も幸せとはいえないけど、女性目線から見た新選組というのも珍しくていい感じです。

  • 芹沢鴨、山南啓助、藤堂平助、松原忠司、原田左之助、沖田総司が愛した女たちをテーマに、一話独立で書かれた短編集。
    史実とされている設定と創作の部分が巧みに絡み合っていて面白かったです。
    特に芹沢鴨の女・お梅の話は、芹沢とのしがらみを捨てられないお梅が待ち受ける運命と他の男性との狭間で揺れ動く姿が魅力的でした。

全4件中 1 - 4件を表示

新選組情婦伝 (学研M文庫)のその他の作品

新選組情婦伝の詳細を見る 単行本 新選組情婦伝 南原幹雄

南原幹雄の作品

ツイートする