花鳥 (学研M文庫)

著者 :
  • 学習研究社
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059003748

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容が蜜だったら大河の主役か?

  • 隅田川の汀に羽根を痛めた小鳥を抱えた少女が佇んでいた。
    五代将軍徳川綱吉の発布した生類憐みの令によって、小鳥を助けることも叶わず途方にくれていたのだ。
    少女は後の七代将軍の生母月光院、武家は六代将軍家宣、花鳥が運んできた運命の出会いであった・・・。
    女として、母として信じる道を清冽に生きた月光院の生涯。

    実在の人物の物語は、読んでいてなんとも不思議な感覚があって好きです。
    でも、家宣にしても月光院にしても少し美化しすぎ?って気もするなぁ~
    でも、読み終わった後の清清しさ読んでよかったです。

    2010.6.16読了

  • 9/2

全3件中 1 - 3件を表示

藤原緋沙子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
藤原 緋沙子
宇江佐 真理
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする