ゴシック名訳集成吸血妖鬼譚 (学研M文庫 ひ 1-6 伝奇ノ匣 9)

制作 : 東 雅夫 
  • 学研プラス
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (565ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059005315

作品紹介・あらすじ

西洋伝奇小説の源流、ゴシック・ロマンスの名作を歴史的名訳で復刻するシリーズ第三弾!最終巻のテーマは「怪物の創造」-ゴシックから近現代ホラーへの転換をもたらした吸血鬼と人造人間の物語集である。あの『フランケンシュタイン』の本邦初訳をはじめ、バイロン作と銘打たれた史上初の吸血鬼小説、コールリッジの哀感漂う名品『クリスタベル姫』、推理作家ガストン・ルルーの大活劇ロマン、女吸血鬼物の傑作『クラリモンド』の芥川龍之介訳、横溝正史訳によるモダン吸血鬼小品など、全12編を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一応タイトルは「吸血妖鬼譚」ですが。吸血鬼に限らず、「怪物」を扱った作品のアンソロジー。文章が古いので慣れないと読みにくい印象ですが(特に「新造物者」の「候」だらけの文章は少しつらかったかも)。頑張って読んでいると案外すらすら読めてくるのが不思議。じっくりどっぷりと雰囲気に浸れます。
    お気に入りはガストン・ルルー「吸血鬼」。ストーリー的にも一番起伏があって楽しめる作品でした。吸血鬼のみならず、恐るべき殺人機まで交えての騒動にはどきどきさせられっぱなし。ホラーだけれど、冒険活劇の雰囲気もあります。
    コールリッジ「クリスタベル姫」も雰囲気の素敵な作品。やや難解に感じる部分はありますが、日本語の美しさを堪能できる作品です。

  • 1557.初.カバスレ、帯なし。
    2010.12.20.鈴鹿ベルシティBF

  • もはや理屈ではなく、好き。
    だって吸血鬼。
    大好きなゴーティエは当然にして、
    ルルーの吸血鬼話って?!!と
    興奮したものだ。
    発表から実際出版されるまで、
    長い時間を要し、やきもきしたが
    本当に良かった。
    うん、やっぱり好き。

全4件中 1 - 4件を表示

日夏耿之介の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×