江戸前七つ星 (学研M文庫)

著者 :
  • 学研プラス
3.29
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059006725

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 無実の罪で遠島にされた夫を待ちながら、娘と一緒に一膳飯屋「金太郎」を営む女主人が主人公。
    いろいろな事件が起こりながら、美味しそうな料理もてんコモリ。
    店名は金太郎鰯に由来。
    季節感たっぷりの料理がいい感じ。
    ラフテーのような料理も。
    料理レシピがないのが残念。
    でも、この話は続くのか??

  • 最初の章は料理らしい料理が出てこなかったので、はずれを引いたと思ってしまいました。

    でも老人が営んでいた飯屋を譲ってもらってからは、由比が作る様々な料理を見れてよかった。

    謀られて咎人にされてしまったご亭主も、いつか解決しますよね。

  • 人情ですね。
    うん。
    先にみおつくし料理貼を読んでしまっているので
    どうしても、どこかしら似てるなあと感じてしまうのです。
    違うといえば違うんだけども。
    「金太郎」ってお店の名前がどうも馴染めず。
    話が続きそうだけど、伏線が弱いかなあ。。
    勝五郎さんがもどってきて終わるかと思ったらもどってこなかったし。。
    キャラの魅力ももう一歩って感じで。掘り下げて欲しかったかな。
    お熊婆さんとか。
    さらっと読めてほっこりできる一冊。

  • 2011/02/13:ラフテーが出てくるのが嬉しかったです。ほうじ茶で煮てるのが斬新です。でもこの時代、白豚さんいるのかしら?

  • 29 2/19-2/20

全5件中 1 - 5件を表示

嵯峨野晶の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×