包丁人侍事件帖 料理番 春の絆 (学研M文庫)

著者 :
  • 学習研究社
3.44
  • (0)
  • (7)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059006947

作品紹介・あらすじ

江戸城台所人、鮎川惣介は上役に睨まれて元旦当番を押しつけられてしまった。大晦日の夜、下ごしらえを終えて幼馴染みの添番、片桐隼人と世間話をしながら帰る途中、闇の中から男の断末魔の叫び声が聞こえてきた。なんと殺されたのは倅の小一郎が通う読書手習所の師範代だった。またもや殺人事件に巻き込まれてしまった惣介。波乱万丈の新年になりそうな嫌な予感が…。書き下ろし時代小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第五弾
    何らかの形で関連を持って続いている3篇の短編
    このシリーズ何かと続いているので

  • シリーズ5

  • なんだか今回はパッとしないというか…
    前作までの盛り上がりはなかったかな…

  • 105 5/16-5/18

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

三重県伊勢市生まれ。愛知教育大学教育学部教職科心理学教室卒業。高校時代より古典と日本史が好きで、特に江戸に興味を持つ。日本推理作家協会会員。三重県文化賞文化新人賞受賞。主な著作に「包丁人侍事件帖」シリーズほか、「大江戸いきもの草紙」シリーズや『芝の天吉捕物帳』『冷飯喰い 小熊十兵衛 開運指南』がある。

「2019年 『料理番 旅立ちの季節(仮) 新・包丁人侍事件帖(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

包丁人侍事件帖 料理番 春の絆 (学研M文庫)のその他の作品

小早川涼の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする